桐山照史さん★マリウス★出演不安吐露★代役決定後ドタバタ明かす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「桐山照史さん★マリウス★出演不安吐露★代役決定後ドタバタ明かす」の事をお伝えしたいと思います。

ジャニーズWEST桐山照史さん」が、自身が「木曜パーソナリティー」を務める「ラジオ番組」「ジャニーズWEST桐山照史中間淳太のレコメン!」「文化放送4月5日放送」にて、「タッキー今井翼さん」の代役を務める舞台「マリウス」について語りました。

6月8日26日」に大阪松竹座にて行われる同舞台は、「今井翼さん」が主演を務めるはずだったものの、「3月28日」に「メニエール病」を「再発活動休止」に至ったため、代役を立てることになりました。「4月4日」に「桐山照史さん」が「今井翼さん」の代役を務めることが発表され、会見では「翼くんの思いをしっかりと背負って翼くんが帰ってくるまでマリウスを守りたい」と宣言しました。また、「今井翼さん」から「桐山らしいマリウスを繰り広げて」と激励の「メッセージ」を受けたことも明かされていました。




桐山照史さん」は「ラジオ」で改めて「マリウス」の代役を務めることを「リスナー」に報告しました。話を聞いたのが「3月末」だったといい、現在はまだ、劇中に登場する「フラメンコ」を「1時間」ほど練習した程度だとぶっちゃけました。さらに、「桐山照史さん」にとっては「マリウス」が初の単独主演になるということで、「「大丈夫かな?」自分の中では不安にはなるけど」と話すも、「ラジオ」「今井翼のto base」でも、「今井翼さん」が「マリウス」について熱い思いを語っていたことに触れ、彼の並々ならぬ思いを真摯に受け止めているようです。

桐山照史さん」は共演に「関西ジャニーズJr.西畑大吾さん」がいることや、「デビュー前」からなじみのある大阪松竹座が舞台ということで、「“ホーム感”」を感じていると語っていました。ですが、初めて踊る「フラメンコ」にはまだ自信がないようで、作中のある場面で出てくる「セリフ」への不安を明かしました。

なんでも、「ヒロイン役」の「女優瀧本美織さん」が「フラメンコ」を踊る姿を見て、「桐山照史さん」演じる主人公が「うまいじゃないか」と声をかける場面があるようです。ですが、実際の「桐山照史さん」は「フラメンコ初心者」のため、「ボクが言っても、「どの口が言うてんねん!?」ってなるやんあれ翼くんが言うたら成り立つんやけど経験ないからさ」と苦笑しました。ですが、この「セリフ」が成り立つくらいの「レベル」に仕上げたい、と意気込みも語っていました。




そんな「桐山照史さん」は、現在「フラメンコ」の「スペシャリスト」たちに特訓を受けているそうで、「1時間やっただけで膝が笑うて帰り階段降りられなくなるねんヤバイどうしよう!?」とその大変さを吐露しました。ともに「パーソナリティー」を務める「ジャニーズWEST中間淳太さん」が「そこは任されたんだから」とはっぱをかけると、「桐山照史さん」は「稽古見においでやいやマジで」とまさかのお誘いをしていました。「中間淳太さん」が「本番を見るよ!」と断るも「桐山照史さん」はなかなか引き下がらず、最終的に「中間淳太さん」が「恥ずかしいわ!「他の共演者が」「なんで来たん?」てなるやん!」と「ツッコミ」を入れていました。これもおそらく、「1人では不安」だという「桐山照史さん」の心理が表れている言動だったのでしょう。

桐山照史さん」はこの話題の最後に「翼くんが帰ってくるまで翼くんのファンのみなさんやったり音楽劇マリウスのファンのみなさんに、「桐山で良かったと言っていただけるように頑張ります翼くんが帰ってくるまでこのマリウスをしっかり守り抜ければなと思いつつ頑張らせていただこうと思います!」と改めて熱い決意表明をしていました。

尊敬する先輩の思い入れ深い仕事を守りぬく、という男気を見せてくれた「桐山照史さん」です。ですがその一方で、急な大仕事が舞い込んだ「ドタバタ」の大変さを、気心の知れた「相方中間淳太さん」に訴える率直さも見せてくれました。そんな素直な一面を、ぜひ「マリウス」の舞台でも見せてほしいですね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。