Sno★初海外ステージでファン暴動状態★現地の子が号泣の惨劇

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「Sno★初海外ステージでファン暴動状態★現地の子が号泣の惨劇」の事をお伝えしたいと思います。

「1月22日」に「Imitation Rain/D.D.」で「CDデビュー」したばかりの「Snow Man」が、「2月1日」に「タイ・バンコク」の「セントラルワールド」で開催された「イベント」「Japan Expo Thailand 2020」に参加しました。「中国・武漢市」を中心に流行している「新型コロナウイルス」の影響により、出演自体も危ぶまれていましたが、無事に「海外初パフォーマンス」を成し遂げたといいます。その一方で、「タイ」に駆けつけた「Snow Manファン」の言動に対し、現場に居合わせた人たちからは否定的な声が上がっています。

この日の「ステージ」では、「デビュー曲」「D.D.」をはじめ「4曲」を披露した「Snow Man」です。中でも、「メンバー」の「向井康二」は母親が「タイ人」のため、「タイ語」で自己紹介をするなど、客席を盛り上げていたそうです。「Snow Man」の「オフィシャルサイト」では、「同イベント」について「無料で参加可能ですが、来場者数により入場規制を行う場合があります」と告知しており、彼らの勇姿をひと目見ようと、日本から「タイ」へ飛んだ「ファン」も少なくありません。




「Snow Man」の出番は「1日」の「午後4時~4時45分」の間で、会場内の「Stage A」「エリア」で実施しました。「イベント」に招かれた日本の「アーティスト」は「Snow Man」だけではなく、彼らの「パフォーマンス」前には、声優であり、「アイドルユニット・i☆Ris」の「メンバー・芹澤優」や、「女性アイドルグループ・サクヤコノハナ、アキシブproject」らが登場していました。会場には、それぞれの「ファン」が集うとあり、入場にあたってはちょっとした「トラブル」も発生したようです。「ステージ」に近い席として「チケット」が販売された「VIPゾーン」において、それぞれの「ファン」が場所取りをめぐって激戦を繰り広げた様子です。現地の「ガードマン」が制止する中、より前方で見たい観客が押し寄せ、男女がもみくちゃになっている動画が「Twitter」上に「アップ」されています。主に「男性ファン」が「押されてる」「押さないで」「危ない」などと叫んでいるものでした。

ほかにも、「ネット」上には「VIPエリアの入場列が2つできてて、ファン同士が喧嘩。スタッフが「ケガ人出したくないから喧嘩しないで」とか言ってる」「暴動状態。Snow Manファンと女性アイドルファンが言い合いして押し合いになってた」「VIP席で揉めてて、タイ人の女の子が号泣してた」などと、惨劇が「レポート」されています。

それぞれの「ファン」たちは、必死の思いで「ポジション」を確保したとみられますが、特に「ジャニーズファン」は「ステージ付近」に集中していたのでしょう。実際、「サクヤコノハナ」と「アキシブproject」の「公式Twitter」が「アップ」している「ステージ」上での記念写真を見る限り、前方席はかなりの数の「Snow Manファン」が集まっていたことが確認できます。大勢の女性たちがうつむき加減や、後ろを向いて顔が写らないように対策していたほか、「コンサートグッズ」の「タオル」や、うちわで隠す「ファン」もいたようです。「アイドル」が笑顔で「ファン」との集合写真を撮ろうとする中、「ステージ」を囲んでいる周りの観客たちが「カメラ」を避けているという、異様な光景となっていました。




また、「女性アイドルグループ」が歌唱している間、前列の「Snow Manファン」らしき人々の「“ノリの悪さ”」を指摘する声も出ていました。これは、「タイ」に関する「YouTubeチャンネル」の編集をしており、「同イベント」にも馴染みがある「Twitterユーザー」の「ツイート」。「ジャニーズ目的の女性が盛り上げもせずに最前列を占領。毎年、最前列はタイ人が盛り上げてるのに。ステージに立ってる人が可哀想」などと動画を投稿していたのですが、確かに映っているお客さんは「リズム」にも乗らず棒立ちで、座ったまま待機する人もいたほどです。

動画を見た「非ジャニーズファン」からは、「最前にいるなら手を振ってノッたりしてあげてもいいのに、これは許せない」「ファンの振る舞いでグループの評価が決まったりする。このファンたちが推すグループを盛り上げようとは思わない」と辛辣な感想が上がっています。また、「一部Snow Manファン」からも「女性アイドルが歌ってるのに、ステージ後ろにSnow Manが出てきたら、みんなそっちにカメラ向けてた。失礼すぎて、同じSnow Manファンとして申し訳ない気持ちになった」「最前に座りながら、Snow Man以外に見向きもしないなんて、ほかのアーティストが可哀想」などと、呆れた声が上がっていました。

詳しい開催場所や「スケジュール」は未定ながら、「Snow Man」は昨年「8月」の時点で「アジアツアー」を行うと発表しています。今後の海外公演では、「ファン」が「タレント」の足を引っ張るような行動は避けてほしいものですが。

「スノメンバー」の頑張りを仇にしてしまうような「ファン」の行為には苛立ちを覚えてしまいますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。