二宮和也★おじさんの言動は不快感しかない★本当よくないと指摘した事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「二宮和也★おじさんの言動は不快感しかない★本当よくないと指摘した事」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐・二宮和也」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「BAY STORM」「BayFM、2月2日」にて、「二宮和也」が自身の「“おじさん化”」に嘆く場面がありました。




この日は「リスナー」から「私がハマってる一人遊びは、「BAY STORM」の冒頭で番組名が紹介される部分を「マネ」して、「カッコ」よく言うことです」という「メール」が届きました。同番組の「オープニング」では毎回、番組名の「BAY STORM」と、「パーソナリティ」の「カズナリニノミヤ」と「アナウンス」が入っており、「リスナー」はおそらくこれを「マネ」しているようです。

「二宮和也」は先日、この「アナウンス」をしている「“中の人”」と話をしたそうです。ですが「スタッフ」によると、番組が「18年」続く中で、「アナウンス」をする「“中の人”」は何度か交代している可能性が高いとのことです。「二宮和也」は「続けてないか~」と残念がりつつ、「18年やってるんすか?」と、あらためて衝撃のようです。「だから、この子と同い年ですよ」と「スタッフ」を指し示したようですが、すぐ我に返って「よくない、こういうことやめよう!」と自制しました。

「二宮和也」いわく、こうした言動は「おじさんの現象とまったく同じ」とのことです。「よくないよね。年齢とかさ、西暦とかでたとえるの」「なんでしちゃうんだろう?」と反省し、「自分が大人にやられて嫌なことは、絶対するのやめようと思って生きてきたのに、結局やってるんだよなあ」と苦笑いします。「言われてる方は、この上ない不快感しかないのに。「お前が生まれた時から俺は働いてたよ」とか、言うじゃん?あれ本当に、こっちなんて言ったらいいんだよみたいなさ。「相手は」「はあ」みたいになるけど、気付いたら言ってる自分がいるんだよな。「お前が生まれた時、事務所に入ったよ」って」と話し、「“おじさん化”」によって後輩を困らせている自覚があるようでした。




こうして、かつては不満を抱いていたものの、自分が今、「“言う側”」になっていると嘆きつつ、結局は「しょうがないんだね」「もう、それは謝ろう。無視してもらっていいや!」と開き直り、かと思えば「本当よくないな~」と再び反省したりと、悩ましげな「二宮和也」でした。

この日の放送に「リスナー」からは、「嫌だった先輩に近づいちゃって、悩んでるニノがかわいい」「ちゃんと自分を客観視できててすごい。私も気をつけないと!」「確かにそう言われても、後輩側は反応に困るんだよね「笑」」など、「二宮和也」へ共感の声も寄せられていました。

自分が先輩の立場にたって初めて実感が湧いてくるのも仕方のないことでしょうね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。