横山裕★関ジャム不在★残念&もったいない&ファン不満の訳

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「横山裕★関ジャム不在★残念&もったいない&ファン不満の訳」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」がさまざまな「アーティスト」を迎えて「トーク」を繰り広げる「音楽バラエティ番組」「関ジャム 完全燃SHOW」「テレビ朝日系」です。「2月2日」の放送は、「オーボエ奏者」の「最上峰行、ハーモニカ奏者」の「南里沙、テルミン奏者」の「金木由子、パーカッショニスト」の「大家一将」を「アーティストゲスト」に迎え、「実はスゴイ楽器特集」が行われました。

管楽器である「オーボエ」は、「2枚」の薄い木片を重ね合わせた「“リード「ダブルリード」”」から管に息を吹き込み、振動させて音を出す仕組みです。その上、管の細さが「約5mm」と非常に狭いため息の「コントロール」が難しく、「世界で最も演奏するのが難しい楽器」といわれているそうです。




また、この「リード」は作るのが難しいらしく、同じ「ダブルリード」を用いる「ファゴット奏者」が以前番組に出演した際、「練習時間よりリードを作っている時間のほうが長い」「リードを作るのにだいたい2週間かかる」と話していたことを、「村上信五」が説明します。すると「最上峰行」は、「ファゴットなんてオーボエに比べたら全然、なんてことないです」と一蹴します。これには「関ジャニ∞メンバー」も「いやいや!」「え~!?」と衝撃を受けます。

「最上峰行」によると、「オーボエ」の「リード」は「ファゴット」の「リード」よりも小さいため作るのが難しく、非常に繊細な作業になるといいます。「3年かけてようやく1本」作れるといい、しかも、その「リード」で美しい音色が出せる期間は「3日~1週間くらい」なのだそうです。これを聞き、「村上信五」は「儚いなあ~!」と驚いていました。

そんな大盛り上がりの「関ジャム」でしたが、「関ジャニ∞」の「ファン」は今回の放送に不満を抱いていた様子です。というのも、「ティンパニー」や「スプリングドラム、ビブラスラップ」などさまざまな楽器を紹介していた「パーカッショニスト」の「大家一将」が出演していたにもかかわらず、「関ジャニ∞」の「パーカッション担当・横山裕」が収録を欠席していたのです。




現在、「横山裕」は「ドラマ」「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」「フジテレビ系」に出演中のため、撮影で忙しいと思われますが、「ネット」上では「横山さんがスタジオにいないの本当に残念。パーカッショニストの方とお話してるところ見たかった」「ドラマ撮影中なんだろうけど、今回の「関ジャム」にヨコがいないのはもったいない!」「今はドラマがあるからしょうがないけど、やっぱり出てほしかった」といった声が上がり、「横山裕」の不在を残念に思う「ファン」は少なくないようでした。

「横山裕」以外にも、「ドラマ」や舞台出演で「関ジャム」の収録を欠席する「メンバー」はいましたが、今回は特に「タイミング」が悪かったようです。いつかまた「パーカッショニスト」が登場するなら、まず「横山裕」の「スケジュール」を調整してほしいものですね。

「タイミング」の悪さで欠席してしまった「横山裕」には「ファン」の前で「リベンジ」を果たしてほしいですよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました