大倉忠義★つきまとい行為★状況変わってないと告白★エイターを名乗るな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「大倉忠義★つきまとい行為★状況変わってないと告白★エイターを名乗るな」の事をお伝えしたいと思います。

「2018年11月、公式携帯サイト・Johnny’s web」を通じて「“つきまとい行為”」をする「ファン」に苦言を呈した「関ジャニ∞・大倉忠義」です。あれから「1年」以上が経過したものの、厄介な「一部ファン」は相変わらず「大倉忠義」を悩ませているようです。同じく「Johnny’s web」の個人連載で、複雑な胸中を吐露しました。

「大倉忠義」は、「2018年11月8日付」の「グループ連載」「関ジャニ戦隊∞レンジャー」内で、「ルールを守らない」という「ファン」に対する思いの丈を投稿しました。「大倉忠義」いわく、「スケジュール」が判明している仕事の時には、駅や空港に「女性ファン」が集まっているそうですが、一般の利用者への影響も考えず、「執拗に追いかけてくる」と、愚痴をこぼしました。また、「カバンの中にモノを入れられたり 突然手を繋がれたり」といった被害にも遭い、精神的に参ってしまっていることも告白しました。さらに、「プライベート」で友人と食事していた際、「駅や空港にいつもいる人」が横の「テーブル」に座っていたといい、深刻な「ストレス」を抱えている旨を綴ったのです。




「大倉忠義」はこういった具体例を挙げた上で、「これはストーカー行為ではないのか」と、読者に投げかけていました。私生活を脅かす過激な「ファン」に苦しめられた結果、最終的には「普通の人に戻る方がよっぽど楽だろう」「そろそろ限界だ」とも。「ジャニーズタレント自身」が「公式サイト」でここまで赤裸々に書くことは珍しく、「ファン」の間で大きな話題になりました。ですが、実際に行動に移している「“迷惑ファン”」たちには、響かなかったのでしょう。「11月22日付」の「関ジャニ戦隊∞レンジャー」で、今度は当時「メンバー」だった「錦戸亮」が「大倉があれだけ言ってもなんも変わんねえ」「どうすればいいんだろうか?」と、訴えたのです。

「一部ファン」による「大倉忠義」へのつきまとい行為は、「メンバー」も把握していた模様です。「関ジャニ∞のジャニ勉」「関西テレビ、2018年10月3日放送」の「トーク」中に、「丸山隆平」が「ネチネチ」した性格だという話になったところ、周囲が「今日も空港でひどかったよな」「村上信五」「引くと思うで。大倉のファンの子がずっと大倉にベッタリくっついてたんですよ」「横山裕」と、切り出しました。なんでも「丸山隆平」は、「ルール違反」をしている「ファン」の背後に「ピッタリ」とくっついて歩き、「自分の好きな人にこんなストレス溜まるようなことをやってていいのか?」といった内容の言葉を囁いていたそうです。要は「丸山隆平」は、仕返しとばかりに、問題行為を真似して嫌がらせをしたのでした。

こうした事実が公になり、「ストーカー」まがいの追跡は徐々に減っていくものと思われましたが。「大倉忠義」は、今年「1月31日」に更新した「Johnny’s web」の個人連載「ウルトラハイパーくらすます」にて、再び悲痛な気持ちを記しています。この「ページ」に写真を載せたいと考えているものの、懸念点があるため「アップ」できないと説明します。例えば食べ物によってお店の場所などが特定された場合に、「どんな変な方がお越しになるか わからないから」と、述べていました。「大倉忠義」は、写真を望んでいる「ファン」にお詫びした後、「#状況は一切変わってない」と、意味深な「ハッシュタグ」もつけていたのです。同日の投稿では、事務所側が事態の解決に向けて動いてくれていることを明かしながらも、「いたちごっこです」と、嘆いていました。




この内容を受け、「ファン」からは「状況は一切変わってなくても、大倉くんは連載を更新し続けてくれて、いつもeighter「関ジャニ∞ファン」を思ってくれてる。そんな彼を苦しめないで」「「ストーカーをしてる人は、応援の仕方が間違ってる。そういう人にはeighterだと名乗ってほしくない」「「変な方」は、ここまで大倉くんを追い詰めていると理解していないだろうし、ブログに綴られることも「認知してもらっている」と、喜びを感じていると思う。何かあってからでは遅いから」「ファンを楽しませようと更新してくれているのに、ストーカーたちのプライベートの特定材料になりうるのは悔しい」と、「大倉忠義」への同情の「コメント」や、「“加害者”」へ怒りの声が寄せられています。

一方で、昨年「8月」には「Hey!Say!JUMP・中島裕翔」につきまとったとして、都内に住む「20代」の会社員女性が「ストーカー規制法違反」の疑いで現行犯逮捕された事件もありました。「東京・港区」の「ジャニーズ事務所」の周辺で「中島裕翔」を待ち伏せした疑いがあり、事務所からの通報で駆けつけた赤坂署員がその場で取り押さえるも、女は「友達と会う約束があっただけ」と供述しました。容疑を否認したといいます。また、「朝日新聞」の報道では、女が「中島さん宅近くをうろついたとして、同宅や事務所に近づかないよう6月に警告を受けていた」と伝えており、かねてより「マーク」されている人物だったようです。

「大倉忠義」と「中島裕翔」だけでなく、「プライベート」や仕事の移動の際に「ストーキング行為」を受けている「タレント」は、少なからず存在するでしょう。「ファン」が危惧している通り、一大事になる前に何らかの対策を講じるべきなのかもしれないですね。

「エイター」である以上最低限の「マナー」を守るのが「ファン」としての務めだと思うのですが。



SNSでもご購読できます。