三宅健★あの長瀬が頑張って踊っている★共演で見たTOKIOのレアな姿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「三宅健★あの長瀬が頑張って踊っている★共演で見たTOKIOのレアな姿」の事をお伝えしたいと思います。

「V6・三宅健」が「パーソナリティ」を務める「三宅健のラヂオ」「Bayfm」が「2月3日」深夜に放送され、「TOKIO、KinKi Kids、V6」の「期間限定ユニット」「J-FRIENDS」の話題が飛び出しました。

「中学3年生」の「ファン」から届いた「舞台や「V6の」25周年コンサートに行くためにお小遣いを貯めています。毎月500円でまだ2万円ちょっとしか貯まっていません。V6の皆さんに会えると信じて受験勉強を頑張っています。健くんは何を楽しみにして毎日を過ごしていますか?」という「メッセージ」を読み上げた「三宅健」は、「かわいいじゃん。500円でコツコツ貯めて2万円だって。ぜひともファンクラブに入っていただいて、25周年のコンサートにいらしてくださいよ」と感激しました。




ですが、今年「25周年」を迎える「V6」の「コンサート開催」はまだ発表されておらず、「三宅健」は「しびれ切らすわな~。気持ちはわかるよ。「こっちは「ファンクラブ」会費払ってるんだよ!」って言いたいよね。「会費返せ!」って言いたくなる気持ちもわかる」と、首を長くして待っている「ファン」の気持ちを代弁します。そして「もうちょっと待っててね!」と含みを持たせる言い方で、「ファン」に寄り添いました。

続いて、「ドラマ」の「制作スタッフ」をしているという「リスナー」から「メッセージ」が届くと、「三宅健」は「じゃ、よろしくお願いします!ぜひ使っていただいてお願いします!お願いします!言っとこう、頼むのタダだから!」と、何度も「キャスティング」してほしいと「“お願い”」しました。「メッセ―ジ」の内容はというと、「KinKi Kidsがラジオ番組で「J-FRIENDSで面白いことがしたい」と言っていました。健くんはJ-FRIENDSの皆さんで集まれるとしたら何をしたいですか?」との質問でした。

「J-FRIENDS」とは、「TOKIO、KinKi Kids、V6」の「3グループ」が、「阪神・淡路大震災」への「チャリティー活動」の一環として「1997年」に結成し、「2003年」まで活動した「期間限定ユニット」のことです。「三宅健」は「ミュージックステーション」「テレビ朝日系」で「少年隊」が「湾岸スキーヤー」「1998年」を歌った時、「バックダンサー」として「J-FRIENDS」が出演したと振り返り、「あの図体デカくて、普段一切踊らない長瀬智也「TOKIO」が頑張ってかっこよく踊ってるのとか、なんかレアじゃん?」と興奮しました。




さらに、「その頃って、今がそうじゃないって意味じゃないんだけど、よりジャニーズファミリー感、家族感っていうか、兄弟とか家族みたいな感覚があるっていうか。その3グループが集まった時は、親戚の集まりって感じ」と、「J-FRIENDS」がかなり密接な関係だったことを懐かしむ「三宅健」です。「KinKi Kids」と同じく、「J-FRIENDSで何かやったらいいのになあと常々思ってる」とは言ったものの、「なかなか機会がないし、自分たちがやりたいって言ったからってできるものでもないんで」と、実現についてはやや消極的でした。

この放送に「ファン」からは、「マジでJ-FRIENDS復活してくれないかな~。3グループで番組やるとか?」「ファンはいつまでもJフレの復活待ってますよ!」「今集まったら絶対面白いよね。何か動きがあるとうれしいけどなあ」など、「J-FRIENDS復活」に期待を寄せる声が多数上がっていました。

「J-FRIENDS」の「メンバー」もいまや大御所の立場になりつつありますが「オリンピックイヤー」での復活を期待したいですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。