ジュリー副社長★元KAT-TUN潰し★赤西仁さん&田口淳之介さん★仕事消滅

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「ジュリー副社長★元KAT-TUN潰し★赤西仁さん&田口淳之介さん★仕事消滅」の事をお伝えしたいと思います。

今年「1月」、「ジャニーズJr内ユニット」である「MrKing」と「Prince」が、「KingPrince」として、「ユニバーサルミュージック」から「CDデビュー」すると発表されました。同社は、昨年「10月」に「赤西仁さん」と業務提携、また同年「2月」に「田口淳之介さん」が「再デビュー」するなど、「元ジャニーズ」とつながりの深い「レコード会社」だけに、「マスコミ関係者」の間では「キンプリがユニバーサルからデビューするとは謎」と疑問の声が漏れていました。

ジャニーズ事務所」を退社した「タレント」は、まるで「“前科一犯”」のような扱いを受け、「テレビ」をはじめとした「大手メディア」から「“干されて”」しまうことが、一般にもよく知られています。「レコード会社」も同様で、「ジャニーズ」と付き合いのある会社から、「元ジャニーズ」が「再デビュー」することは難しいようです。そんな中、「ユニバーサル」は、「ジャニーズタレント」を手がけていなかったことから、「元KATTUN」の「赤西仁さん」や「田口淳之介さん」、また「田原俊彦さん」との契約を実現させていました。




ところが、「キンプリ」の「デビュー」によって、「ユニバーサル」はたちまち「“ジャニーズ寄り”」に転じたと「ウワサ」されています。

というのも、実は昨年から、「赤西仁さん」が「ユニバーサル主導」で、本格的に俳優業を再開するという企画が進んでいたものの、今年に入ってから「ストップ」してしまったようです。担当部署に確認しても、要領を得ないばかりで、どうやら話自体が完全に消滅したのではないか と。「キンプリデビューによりユニバーサルがジャニーズに忖度した」と断言はできませんが、「タイミング的」に何か関連しているかもしれないと、業界内でささやかれているようです。

一方の「田口淳之介さん」も、本来は、音楽以外の活動を進める予定だったというのですが、「同じくキンプリのデビュー発表前後からそうしたプランがまったく聞こえてこなくなった」そうです。

テレビ」は難しいとしても、「WEB」で番組を持つなど、何かしらはできるはずなのですが このまま売り上げが見込まれなければ、「田口淳之介さん」の提携が解除される可能性も十分にあり得るようです。




赤西仁さん田口淳之介さん」の扱いの変化により、業界内では次第に「ジャニーズが彼らの活動を阻害するためにキンプリをユニバーサルからデビューさせたのでは」という説まで流れるようになっています。

もともと「ジャニーズ」の息がかからなかったことで、「男性アイドル」など「競合アーティスト」を手がけられた「ユニバーサル」ですが、「キンプリ」の「デビュー」で状況は変わってしまいました。「元SMAP」の「3人」もそうですが、「赤西仁さん」と「田口淳之介さん」の「2人」だけでは、「ジャニーズ本体」の影響力には敵わないですし、「ユニバーサル」が「ジャニーズ」を立てようとするのも致し方ないでしょう。それに「藤島ジュリー景子副社長」は、「“元ジャニーズ”」という存在を最も嫌っているだけに、その筆頭格である「赤西仁さん田口淳之介さん」の今後の活動には、大きな制限がかかってしまうかもしれません。

元KAT‐TUN」は、関係各所による「“ジャニーズ忖度”」の影響で、未来を閉ざされてしまうのでしょうか。

芸能界で「ジャニーズ事務所」を離れることは相当の覚悟が必要だということが良く分かりますよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。