長瀬智也★コンサートリハでステージへ落下★大事故寸前の出来事を21年越しに告白

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「長瀬智也★コンサートリハでステージへ落下★大事故寸前の出来事を21年越しに告白」の事をお伝えしたいと思います。

「TOKIO」の冠番組「TOKIOカケル」「フジテレビ系」が「2月5日」に放送され、「ゲスト」に「女優・高畑充希」が登場しました。




「高畑充希」といえば、「2007年」から「2012年」まで、「6年間」にわたって「ミュージカル」「ピーターパン」で「8代目ピーターパン役」を務めていましたが、これについて「城島茂」が「最近フライングしてます?」と、同作でよく行われていた「フライング」について質問します。「フライングといえば、我々もコンサートでフライングしてね」と「TOKIO」の「コンサート」に話題が及びます。

「TOKIO」が「コンサート」で「フライング」を行ったのは、「1999年」に行われた「東京・日本武道館公演」で、「21年前」のことです。これについて「松岡昌宏」が「なんでTOKIOもフライングやったんだろう」と苦笑いしながら首をかしげると、「国分太一」は「やっぱりジャニーズだからじゃないですか?」と一言。「松岡昌宏」は「ジャニーズで「“飛ぶブーム”」あったじゃない。TOKIOはバンドだから飛ばなくていいなって、あぐらをかいてたじゃないですか。そしたら「YOUたちも飛べ」って話になった」と、「バンド編成」にもかかわらず、「故・ジャニー喜多川社長」の指示で「フライング」させられたことを「21年」越しに告白しました。

「長瀬智也」と「城島茂」は「ギター、国分太一」は「ショルダーキーボード」を抱えて「フライング」しましたが、「松岡昌宏」は「ドラム」のため、「フライング」すると「叩けない」。そのため、「アンコール1発目、飛んで入って」きて、「ワイヤー」につられながら、「スティック」を両手に「ドラムスローン」「椅子」に着席したそうです。ですが、着地のはずみで「シンバル」を倒してしまい、かなり「ダサ」いものになったとのことです。「松岡昌宏」は「シンバル直して、マイク直して、チーチーチーって「叩き始めた」」と失敗談を苦々しく明かしていました。




一方、「長瀬智也」は「フライング」の「リハーサル」の際、「ワイヤー」をつけ忘れ、そのまま「ステージ」から落ちてしまったという失敗談を告白します。「客席の上を飛ぶ演出があったんですよね。で、僕は気持ちよく飛ぼうと思ったんですけど、「ハーネス」に「フック」がついてなくて、普通に「ドンッ」って落ちちゃって」と、あわや大事故寸前だったことを明かします。ですが、「松岡昌宏」は「客がいないパンクのライブだよね」と茶化し、「国分太一」も「完全に飛んでる顔で落ちていった」とからかう始末でした。「TOKIO」にとっては、失敗談も楽しい思い出となっているようです。

この日の放送に視聴者からは、「危ないアクシデントも笑い話になってるのが面白い!」「TOKIOもやっぱりアイドルだったんだね」という声が集まりました。

「TOKIOメンバー」も危険な演出を体験してきたようで、今では想像もつかないですよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました