嵐★アルバム収録256曲配信★古参ファンの怒り爆発★今さら意味ない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「嵐★アルバム収録256曲配信★古参ファンの怒り爆発★今さら意味ない」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐」が過去に「リリース」した「オリジナルアルバム全16枚」の「デジタル配信」が、「2月7日」より「スタート」しました。対象作品は、廃盤となってしまった「1stアルバム」「ARASHI No.1~嵐は嵐を呼ぶ~」「2001年1月発売」から、「2017年10月」発売の「「untitled」」までで、通常盤の「計256曲」が配信されます。先日、「嵐」の「公式SNS」に「0」から「256」まで「カウント」する「“予告動画”」が「アップ」され、「ネット」上で話題になっていましたが、この数字は「アルバム」の楽曲数だったことが判明しました。そんな中、「ファン」の間では「期待外れ。アルバムを持ってるファンにとっては意味がない」「廃盤になったアルバムが配信されるだけでも価値がある」などと、賛否両論が巻き起こっています。




「2020年末」をもって活動休止に入る「嵐」です。昨年「11月」には、「サブスクリプション型音楽ストリーミングサービス」にて、過去の「全シングル64曲」と、初の「デジタルシングル」「Turning Up」の配信を開始しました。これまで、「ジャニーズ」の「アーティスト」は楽曲配信に消極的だっただけに、「ネット」上でも「ついに嵐がサブスク解禁!」と話題になっていました。一方、「2月4日」に「嵐」の「公式Twitter」や「インスタグラム」へ投稿された「256」「カウントアップ動画」は、「コンサート」での「嵐コール」が音声として入っていたこともあり、「ライブDVDの発売日と関係あるのかな?」「もしかして新しいツアーが始まるとか!?」などと「ネット」上で予想が飛び交い、「ファン」の期待を高めていました。

「嵐」は、今年の春に「中国・北京」で「コンサート」を行うと告知しており、「5月」にも「東京・国立競技場」で公演が控えています。ですが、年内の「コンサートツアー情報」は明らかになっていないため、「ファン」は色めき立っていたのでしょう。ところが、「2月5日」になって「256」の動画が「アルバム」の配信を表していたとわかり、主に「“古参ファン”」たちは「煽っておいてこれだけだったから、ガッカリした」「全アルバムを持ってるファンのことはどうでもいいの?今までお金を出してきた人たちのことは蔑ろにするんだね」「匂わせといて、アルバム所有者にはなんの需要もなくて腹が立つ。勝手に期待した方が悪いの?」と、落胆しています。

また、「嵐」といえば、昨年「1月27日」に活動休止会見を開いた際、「櫻井翔」が「2年近くかけて感謝の思いを伝えていく期間を設定した。これは我々の誠意」などと、「ファン」に向けて語っていました。長年、「嵐」を応援してきた「ファン」は、こうした発言を引き合いに出し、「アルバム曲を配信して喜ぶのは、にわかファンや一般人だけで、既存のファンは置いてけぼり。嵐の言う感謝って何?」「嵐を応援してきたファンなら、当然アルバムは持ってるわけで、今さら配信とか意味ない。どこへ向けての感謝なのか教えて」「嵐は何がやりたいの?「ファンに感謝するための2年」って言ったのは彼らなのに」と、怒りや悲しみの声があふれています。




とはいえ、これらの批判とは対照的に、「よりたくさんの人に嵐の良さをわかってもらえるチャンス」「文句を言ってる人もいるけど、廃盤になっているアルバムを手に入れられなかった人たちからしたら、デジタル配信はうれしいと思う」と、好意的な意見も少なくありません。さらに、「他グループ」を応援する「ジャニーズファン」も配信には前向きなようで、「ジャニーズ全体でサブスク解禁してほしい!」「嵐のアルバムに続いて、ほかのジャニーズも配信始めてくれないかな?」といった「コメント」も少なくありません。

「嵐ファン」の間では、「ニューアルバム」の制作や、「シングル」の「カップリング曲」が中心となっている「コンピレーションアルバム」「ウラ嵐マニア」「2012年9月発売」の続編を求める声もあるようです。果たして今後、「“古参ファン”」も喜ぶような「サプライズ」は待ち受けているのでしょうか。

曲配信に対して賛否両論あるとは思いますが「嵐メンバー」の「ファン」に対する気持ちを素直に受け取ってあげるのも「ファン」の務めではないでしょうか。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。