岩橋玄樹さん&神宮寺勇太さん★デビュー前・挫折激白★自費でボイトレ通い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「岩橋玄樹さん神宮寺勇太さん★デビュー前挫折激白★自費でボイトレ通い」の事をお伝えしたいと思います。

KingPrince」の「メンバー」として「5月」に「CDデビュー」を控えている、「岩橋玄樹さん」と「神宮寺勇太さん」です。「ジャニーズJr.内ユニットPrince」が結成される前の時点でともに活動する場面が多く、「プライベート」でも仲が良いことから「“じぐいわ”」と呼ばれ、「ファン」にも人気の「コンビ」です。晴れて同じ「グループ」での「デビュー」が決まった今、過去の知られざる苦悩と、今後の「“距離感”」について語っています。

2013年」に「香取慎吾さん」主演の「学園ドラマ」「幽かな彼女」「フジテレビ系」で、同じ「クラス」の生徒役を演じた「2人」でした。以降は「アイドル誌」などにも「セット」で登場する機会が増え、次第に気の許せる間柄に発展したといいます。「duet」「13年7月号」「ホーム社」で、「神宮寺勇太さん」が「オレと岩橋ってドラマ撮影が始まるまではそんなに交流がなかったんだよ短期間で息を合わせるためにわざといっしょにいる時間を増やしたらあっという間に仲よくなってついにペアリングを買っちゃった」」と明かしたように、「ドラマ」の撮影を通して、いつしか「ペアリング」まで購入する仲の良さになったようです。




そして、「15年6月」にはこの「2人」に加えて「岸優太さん平野紫耀さん永瀬廉さん高橋海人さん」からなる「6人」で「Mr.King vs Mr.Prince」を結成しました。「6人」で「テレビ番組」に出演するなどし、着実に「ファン」を増やしていきました。ですが、同年「12月16年1月」に「東京帝国劇場」で行われた舞台「JOHNNYSWorld」は「Mr.KING」のみの出演となり、「16年以降」は「Mr.KING」「Prince」としてそれぞれ「3人組」の「ユニット」となり、別々で活動するようになっていました。

そんな「ドタバタ」を繰り返し、昨年再び集結した「Mr.KING」と「Prince」でした。「ジャニー喜多川社長」への直談判によって「6人」での「デビュー」が正式決定しました。「月刊TVnavi」「18年5月号」「産経新聞出版」には、「デビュー記念」の「スペシャルインタビュー企画」が載っており、今回は「岩橋玄樹さん神宮寺勇太さん」が登場しています。「神宮寺勇太さん」は「デビュー」に関して、「最初から意識はしていました」と話し、入所後はすぐに「デビュー」できるものだと考えていたところ、「1年くらい経った時かな同世代で一緒に活動する機会も多かった佐藤勝利がデビューした時自分は選ばれなかったことで中学生なりに小挫折を味わった」と、「11年」の「Sexy Zone」の「デビュー」に「ショック」を受けたと告白しています。

その後、「神宮寺勇太さん」は自費で「ボイストレーニング」に通い始め、「岩橋玄樹さん」は「ダンス」と「アイドルとしての見せ方」を研究するようになったようです。そんな中、「岸優太さん」を含めた「3人」で「Prince」としての活動が「スタート」しました。「学んだのはどんなことですか?」との問いには、「神宮寺勇太さん」が「どんな仕事も当たり前じゃないってことさっき小挫折って言ったけど一番の挫折は1516年頭に上演したジャニーズワールドに出られなかったこと何で出られないんだろう ってショックすぎてあの時はネガティブな考えしかできなかった」と、率直な思いを激白しました。「岩橋玄樹さん」も「正直自分たちではっきりした理由を見つけられなかった」と語っており、出口の見えない状態だったことを感じさせます。

そんな状況の中でも「3人」は前を向き、行動を起こしていたようです。「岩橋玄樹さん」が「あの時は3人で自分たちがどうしていきたいかいろいろ話もできたしあらためてこの3人で頑張っていこうって気持ちを確かめ合えたよね」と語るように、「ジャニー社長」に「3人でもっと仕事がしたい」と訴えたこともあったそうです。その甲斐あって、「真夜中のプリンス」「テレビ朝日系」の開始や、舞台「ジャニーズフューチャーワールド」の出演が叶い、「神宮寺勇太さん」は「本当にがむしゃらに頑張ってきたと思う」と、当時の自分たちを振り返りました。先述の「ジャニーズワールド」に出られなかった悔しい思いをきっかけに、「仕事そのものへの姿勢が変わった」「神宮寺さん」、「本当にあの経験があるからこそ今がある」「岩橋さん」と、現在は「プラス」に捉えているようです。




一方、「TVnaviSMILE」「vol.28」「産経新聞出版」の対談では、そんな苦楽をともにした「2人」の間柄を自分たちで分析しました。「今の2人の関係性を表すなら?」と聞かれ、「岩橋玄樹さん」は「長年連れ添ったおじいちゃんとおばあちゃんみたいな感じ」。ただ一緒にいすぎて感覚がマヒしている部分があるというか良くも悪くもお互いの存在が当たり前になりすぎているのかもしれないなってだから今後も長くいい関係でいるための距離感みたいなものを見つけなくちゃいけないのかなって最近思うよずっとお互いを尊敬し合える仲でいたいから」と持論を展開しました。

神宮寺勇太さん」は「確かにねデビューするってことは何十年も一緒にいることを約束されたようなものだからいい距離を探すことは大事なのかもしれない」と理解しつつ、「でもね多分こんなに同じ経験をしてきた人って人生でなかなか出会えないと思うんだよだから一緒に頑張ってきた時間や得たものを忘れずにこれからも共に歩んでいきたいなと思います!」と、「岩橋玄樹さん」の提案する「“長くいるための距離感”」は気にせず、寄り添っていくと決意表明したのでした。

デビュー後」も「6人」はさまざまな困難に立ち向かうでしょうが、「岩橋玄樹さん神宮寺勇太さん」をはじめとする「メンバー」の絆で、苦境を乗り越えてほしいものですね。

ジャニーズアイドル」になれるまでには努力と苦労が伴うんですね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。