永瀬廉★年齢を問わず呼び捨てという距離の詰め方★マジでモテると大反響

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「永瀬廉★年齢を問わず呼び捨てという距離の詰め方★マジでモテると大反響」の事をお伝えしたいと思います。

「King&Prince・永瀬廉」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「King&Prince 永瀬廉のRadioGARDEN」「文化放送」が「2月6日」に放送され、「バリエーション」豊かな「King&Princeメンバー」の「“呼び方”」について語りました。

この日は、「“女心”」を調査して、「永瀬廉」がその結果を当てる「王国リサーチ・女子の気持ち分かります?」の「コーナー」を放送しました。「彼氏になんて呼ばれたい?」というお題に対し、「永瀬廉」は「名前」「あだ名」「お前」しか選択肢が思い浮かばないようで、「1位」を「名前」だと予想します。




そして「リスナー」から届いた「私は下の名前で呼ばれたいです。男性からの下の名前は特別感があり、呼ばれるたびにキュンときます」という「メッセージ」を紹介すると、「永瀬廉」は「ほら、ほら、ほら」と得意げな様子です。「永瀬廉」は「ずっと「“ちゃん”」呼びってないと思う。最初の頃はもちろんあると思うけど」という考えのようです。

ただ、「リスナー」の中には「私は彼氏から呼ばれるなら、下の名前に「“ちゃん”」をつけて呼ばれたいです」という意見もありました。そして「男の人は女の子をちゃん付けで呼ぶことに、ためらいがあったりするのでしょうか?」という質問が寄せられました。

これに「永瀬廉」は「最初は俺も「○○ちゃん」って呼んだりするけど、なんかもうしゃべってて「イケるな」と思ったら勝手に呼び捨てで呼んじゃう」と告白します。さらに「年上でもね。仲良くなったら」と、年齢を問わず呼び捨てにすることもあり、仲良くなったらどんどん距離を詰めていく「タイプ」なのだそうです。ちなみに、「ランキング」の「3位」は「ちゃん付け」、「2位」は「あだ名」、「1位」は「下の名前」でした。




「エンディング」では「メンバー」内の呼び方について「トーク」を展開します。「永瀬廉」はほとんど「廉」と呼ばれるそうですが、「岸優太」だけは、たまに「ナガ」「NAGA「エヌエージーエー」」と呼んでくるそうです。

「永瀬廉」は「平野紫耀」を「紫耀」、「岩橋玄樹」を「玄樹」とそれぞれ下の名前を呼び捨てしているといい、「神宮寺勇太」については「じん」「ぐうじ」「神宮寺」と「3パターン」があるといいます。また、「岸」は「岸くん」「岸さん」「優太」、「高橋海人」は「海人」「高橋」「はしたか」のほか「お~い!」と呼ぶこともあるんだそうです。そして、大阪時代の友人からは「ナガちゃん」と呼ばれていたと明かし、たまに「メンバー」からも呼ばれることがあると語りました。

この放送に、「ファン」からは「勝手に呼び捨てなんて、マジでモテるやつ。普段からそうやってるのかな」「年上でも呼び捨てにしちゃう廉くん。距離の詰め方がうまそう」との声が多く集まっていました。

「永瀬廉」らしい呼び方に「ファン」も呼ばれたいでしょうね。



SNSでもご購読できます。