木村拓哉★ソロライブでSMAP曲披露★歌わないで&さんまに言われたから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。
今日は「木村拓哉★ソロライブでSMAP曲披露★歌わないで&さんまに言われたから」の事をお伝えしたいと思います。

「木村拓哉」にとって初の「ソロライブツアー」「TAKUYA KIMURA Live Tour 2020 Go with the Flow」が、「2月8日」に「東京・国立代々木競技場第一体育館」で開幕しました。「ステージ」では自身の「ソロ曲」だけでなく、「SMAP」の「ヒット曲」も披露しましたが、「SMAPファン」からは賛否両論が噴出しています。また、「2日目」の「MC」内で衝撃的な「エピソード」を明かし、会場が「ドン引き」する場面もあったといいます。

「1月8日」に「ソロアルバム」「Go with the Flow」を「リリース」した「木村拓哉」です。こうした「ライブ」は、「SMAP」解散前の「2015年1月」に行った名古屋公演以来の「ステージ」となり、「オープニング」では待っていた「ファン」に「ようこそ!そして、お待たせしました」と挨拶しました。「セットリスト」は「アルバム収録曲」が中心の構成になっていましたが、自身が出演した「1996年」の「連続ドラマ」「ロングバケーション」「フジテレビ系」の主題歌「LA・LA・LA LOVE SONG」「久保田利伸 withNaomi Campbell」なども披露し、会場は大盛り上がりだったといいます。

また、「グループ時代」の自身の「ソロ曲」以外に、「SMAP」の「SHAKE」「夜空ノムコウ」も歌唱しましたが、これには親交のある「明石家さんま」の「“助言”」があったそうです。「木村拓哉」いわく、「ライブ」の開催前に「なんでアルバムの曲しかやらへんのや。楽曲は、アーティストだけのものじゃない。皆さんとの共有物や」などと言われたといい、この言葉に背中を押されて選曲したといいます。「木村拓哉」は初日の「ステージ」上で、「これからも、みんなと自分の共有物を大切にしていきたいと思います」と「SMAP時代」の曲について話したものの、「SMAPファン」の反応は真っ二つに割れています。




「SMAPメンバー」といえば、「2017年9月」に「稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾」が「ジャニーズ事務所」を退所しており、以降「3人」は公の場で「SMAP時代」の楽曲を歌っていません。こうした現状もあり、「ネット」上には「木村くんがSMAPの曲を歌ったのはショック。5人が揃った時に歌ってほしかった。聞いてくれる人との共有物なだけじゃなく、SMAP5人のものでもあるんだけどな」「木村くんがSMAPの曲を歌ったこと、手放しで喜べない。結局、そこにいないメンバーを思ってしまうから、5人じゃないとモヤモヤする」「お願いだから「世界に一つだけの花」だけは歌わないで」と、否定的な「コメント」が多数見受けられます。

また、特に「明石家さんま」の名前が出た点に引っかかった人も少なくないようで、「さんまに言われたから歌うんだ。「自分が歌いたいから」じゃないのか」「さんまの話じゃなくて、「SMAPが大事だから歌いたい」って言ったのなら、また気持ちは違っただろうな」「3人は、SMAPの曲を歌えなくなっても新しい道に進むという決断をしたのに、さんまさんが勧めるからと一人でSMAPを歌ってしまう木村さんにはガッカリ」「「さんまさんに~」という話をして自分が叩かれないように予防線を張ったのは微妙な気持ちになった」といった声もあるようです。

とはいえ、「いくら助言があっても、木村くん自身に抵抗があったら実現しなかった。木村くんの中でSMAPの曲を歌いたい思いがあったからこそだと思う」「SMAPへの愛があるからだからこそ、1人でSMAPの曲を守ってくれているんだね」「木村くんは3人が歌っていないことも承知の上で、SMAPの曲を歌ったんだと思う。木村くんを信じたい」「木村くんがSMAPを愛してることが伝わってきたし、ファンのことを考えた上での選曲や構成だと思った」「木村くんは「“SMAPの木村拓哉”」としてそこにいると感じた」と、擁護する「ファン」の書き込みも上がっています。

そして、「ライブ」を見に行った「ファン」によると、「2日目」は「SHAKE」ではなく、「2000年」の「ミリオンセラー」「100万枚」「シングル」「らいおんハート」を歌ったそうです。




「前日に「SHAKE」を歌った「コーナー」に差し掛かると、木村くんが「みんなYahoo!ニュースとかで記事を見たでしょ。同じことやってもつまらない」と、切り出したんです。そして、バンドメンバーが次の曲のイントロのコーラス部分を歌い始めると、それが「らいおんハート」だと気づいたファンからは、「キャー!」「フー!」といったうれしい悲鳴が飛び交いました。振り付けが当時のままだったことにも感動しましたし、バックに4人の女性ダンサーを従えていたので、木村くんを含めて「“5人”」が踊る姿は鳥肌モノでした。ただ、アンコールで「夜空ノムコウ」を聞いた時は、ほかの4人の歌声を思い出してしまい、寂しさや、少し複雑な気持ちが押し寄せてきました。過去のソロ曲やSMAPの曲をパフォーマンスしている時は、泣きながら見守っている人も多かったですし、うれしそうにノリノリでペンライトを振っているファンも。その涙がうれし涙なのか、悲しい涙なのか、その人の気持ちはわかりませんが」「ファンの女性」

一方、「2日目」の「MCタイム」では今回の「コンサートグッズ」について解説する中、「ショッキング」な出来事を打ち明けたようです。「グッズ」は「木村拓哉が「オーナー」の「サーフショップ」があったら」という「コンセプト」で製作されたもので、「サーフィン」好きな「木村拓哉」のこだわりが詰まった「アイテム」となっています。

「オレンジ色」の「エコバッグ」は、持っているだけで目がいくような「救難カラー」にしたそうです。会場付近でも持っている人を「スゴく見かけた」と発言した流れで、木村くんは「会場の周りはいいけど、自宅の周りはちょっと勘弁して」と、言い出したんです。なんでも、初日の公演が終わった夜に自宅に帰ろうとしたところ、そのオレンジのバッグを持った人が背後に立っていたとか。「自分が家に着くって時に「“たしかオレンジの袋、今いたなぁ”」って振り返ったら、その人が電信柱にフッと「隠れた」」と、告白していました。木村くんが明るい口調で笑いながら話していたので、会場からも笑い声が漏れていたのですが、「エー」という驚嘆や引き気味の反応も。要は、木村くんの家を知っているファンが帰宅時間に合わせて自宅周辺に現れたという、「“マナー違反”」に言及したわけです。本人は冗談っぽく「本当に目立つので、くれぐれもそういう使い方はなしにしましょう」と締めていたものの、ファンはその後静まり返ってしまいました」「ファンの女性」

国立代々木競技場第一体育館では「11日」に追加公演が行われ、「同19日・20日」に「大阪城ホール」の「ステージ」に立つ「木村拓哉」です。待ちわびていた「ファン」のためにも、けがなく無事に突っ走ってほしいものですね。

賛否両論あるとは思いますが「ソロライブツアー」が開幕したことに「ファン」も素直に喜ぶべきではないでしょうか。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。