田中樹★スリースタイルラップへの発言★イタすぎ&煽るなんてガキかよ

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「田中樹★スリースタイルラップへの発言★イタすぎ&煽るなんてガキかよ」の事をお伝えしたいと思います。

「1月22日」に「Snow Man」との「同時デビューシングル」「Imitation Rain/D.D.」を「リリース」し、念願の「デビュー」を果たした「SixTONES・田中樹」です。先日、「公式携帯サイト・Johnny’s web」で長文の「ブログ」を更新しましたが、その内容が「アンチ」を煽っているのではないかと、注目を集めています。「田中樹ファン」は彼の攻撃的な姿勢を称賛しているものの、「有料ブログに書くなんてイタすぎる」「有料ブログでアンチを煽るってどんなアイドルだよ」と、辛らつな声も上がっている状況です。

「田中樹」は、「グループ」内で主に「ラップパート」を担当しています。その技術力は、実の兄で「元KAT-TUN・田中聖」譲りと「ファン」の間で評判です。「デビュー」後初めて更新した「ブログ」では、「HIPHOPについての知識増えた人多いよね」と切り出し、「CD」の宣伝のために出演した番組で披露した「フリースタイルのラップ」について振り返りました。放送後、さまざまな意見を目にしたようで、「田中樹」自身は他人の「ラップ」を聞いた際、相手に尊敬の念を抱くと明かした上で、「なのに何人か俺のフリースタイルについて言うってことはHIPHOPとかRAPについて俺の何倍も知識あるだろうな~って」「お勉強させていただきたいくらい」「HIPHOP IQわけてくらぱい「ハートマークの絵文字」」と綴りました。




本人は具体的に何の番組において反応があったかは記していませんでしたが、「ファン」の間では「1月2日」放送の「バラエティ」「新春しゃべくり007」「日本テレビ系」での「シーン」について言っているのではないかと、指摘が上がっています。番組内で、「田中樹」は「どんなに速いラップも噛まない」という話の流れから、即興で「ラップ」を披露しました。その中に「Snow Manには俺みたいなRapができるやつはいねえから俺らの勝ち」との歌詞があり、放送後に「樹のラップは言葉を選んでほしかった。Snow Manのことディスっててモヤモヤする」と、物議を醸しました。

前述の「田中樹」の「ブログ」を受け、主に「Snow Manファン」や、「Twitter」で「“愚痴アカ「愚痴アカウント」”」と呼ばれる、「ジャニーズ」に関する否定的な感情を吐き出す人々が不快感をあらわにしています。「Johnny’s web」は月額「300円」「税抜き価格」の有料制とあって、「有料ブログに書くなんてイタすぎるし、やってることガキかよ」「わざわざエゴサーチして、ファンしか見ないような有料ブログでアンチを煽るのはダサい」といった批判が上がっているのです。

ほかにも、「樹が言ってるフリースタイルの件が「しゃべくり」の話なら、ほとんどの人の文句は「地上波でSnow Manをディスるなよ」だと思う」「ブログ見たけど、煽ってるようにしか見えない。マジで性格悪い」「人を煽るようなタレントを応援することが恥ずかしいんだけど、SixTONESはどう考えてるの?」「心底見損なった。プロ意識低すぎ。「しゃべくり」のラップは何も思わなかったからスルーしてたけど、今回のブログの発言はだめでしょ」と、呆れ気味の書き込みが相次いでいました。




また、番組は「1カ月」以上前に「オンエアー」されたものだけに、「放送後はネットが荒れてたけど、1カ月も前の話。こうやってまたブログに書くから騒がれる。自分で自分の首を絞めてる」「Snow Manを前にしてメンバーを下げるような発言したことが騒がれてたんだけど 火に油を注ぐってこういうだね」と、「田中樹」自らが批判につながる燃料を投下していると感じた人も少なくないようです。

「田中樹」に嫌悪感を持つ人がいる一方で、「SixTONESファン」からは「フリースタイルラップにイチャモンつける人たちに対して皮肉を言う樹が最高」「樹のブログ、めちゃめちゃ煽ってるのがHIPHOP魂を感じて好き」「みんながラップを知らないからブログであんな表現したんだと思う。にわか知識で叩かれた樹くん、複雑だろうな」「ラップバトルのディスリスペクトも知らない人に叩かれたら、樹くんだって愚痴りたくもなる」といった擁護が続出しています。中には、「あのブログを「煽ってる」「嫌味っぽい」と言ってる人たちは読解力がない」との意見もあるものの、「田中樹」は例の段落の後に「俺なりのメッセージ詰めたつもり笑」と書いており、自分の「ラップ」を非難した「一部ネットユーザー」に向け、怒りの感情を込めたことは間違いなさそうです。

「ラップ」に自信を持っているからこそ、他者の解釈が納得できなかったのかもしれませんが、いちいち「バッシング」に言及していては「キリ」がないでしょう。今年「6月」には「25歳」になるだけに、もう少し心に余裕を持ってほしいものですが。

「田中樹」の発言には賛否両論あるとは思いますが、攻撃的な姿勢が感じられるからこそ「田中樹」の魅力に繋がっているようにも思えるのですが。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました