村上信五★愛が足りてないことが判明★横山裕は絶句

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「村上信五★愛が足りてないことが判明★横山裕は絶句」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」の冠番組「関ジャニ∞のジャニ勉」「関西テレビ」が、「2月12日」深夜に放送されました。「お笑いコンビ・スピードワゴン」の「小沢一敬」と「タレント・菊地亜美」を「ゲスト」に迎え、「トーク」を展開しました。




「小沢一敬」は独特な世界観から、さまざまな名言を紡ぎ出すことで知られていますが、この日も名言が次々と飛び出し、「スタジオ」が大いに沸きました。

「菊地亜美」が、以前「小沢一敬」から「亜美ちゃんは電球と太陽どっち?」と聞かれたという「エピソード」を披露します。当時、「菊地亜美」はその質問の意味がわからなかったそうで、「小沢一敬」によると「電球タイプ」は意識して明るい人、一方の「太陽タイプ」は根が明るい人のことを指すらしく、食事会などでどちらの「タイプ」か観察しているのだそうです。ここで「村上信五」から、「横山裕」は「電球タイプなのでは」という質問が上がると、「小沢一敬」は「俺、意外と太陽だと思うんだよね」と発言します。その理由について「スイッチを入れてるように見えて、ただ朝が来ただけ」と語り、「横山裕」本人も大爆笑し、一同も納得の様子でした。

また、番組後半には、「小沢一敬」による「心理テスト」が行われます。「1問目」は「パッと思いつく四字熟語を2つ挙げる」というものです。最初に挙げた四字熟語は「人生観」、「2つ目」は「恋愛観」を表すというのですが、「人生観」に「酒池肉林」と回答した「村上信五」は、結果を知って思わず苦笑いします。「横山裕」は「弱肉強食」と回答し、納得の表情です。そして「恋愛観」で「村上信五」は「四面楚歌」と回答し、またまた苦笑します。そして、「大倉忠義」は「仮面夫婦」と「インパクト」のある回答をしており、思わず「やばっ!」と声を上げました。




「2問目」は、「魔力を封じ込められた魔法使いが、お荷物になった魔法グッズのうち、何を捨てて何を残すか?」というものでした。これは「人生に必要なもの・不要なものがわかる」といい、「魔法グッズ」「仮面」「杖」「翼」「食糧」の「4つ」は、それぞれ「プライド」「友達」「金・仕事」「愛」を表しているといいます。ここで意外な回答で出演者を驚かせたのが、「村上信五」でした。残すものに「愛」を表す「食糧」を選び、「横山裕」は思わず「ええーっ!?」と声を上げ、「大倉忠義」は「足りてないんや」と一言。「スタジオ」は笑いに包まれたのでした。

「小沢一敬」の「心理テスト」に対する反響は大きく「村上くんは愛が足りてないのか!」「仮面夫婦っていう回答に笑った」「小沢ワールドが炸裂していて、面白かった」といった感想が寄せられました。

「村上信五」の愛がたりていないことに「他メンバー」も信じられないようですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。