北山宏光★地元の友人からいまだに言われてるよ★玉森裕太の大失敗を暴露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「北山宏光★地元の友人からいまだに言われてるよ★玉森裕太の大失敗を暴露」の事をお伝えしたいと思います。

「2月12日」深夜放送の「ラジオ」「Kis-My-Ft2 キスマイRadio」「文化放送」に、「Kis-My-Ft2・北山宏光」と「玉森裕太」が登場しました。条件が厳しい「玉森裕太」の「“友達の定義”」について語りました。

人見知りで、普段から「友達があまりいない」と公言している「玉森裕太」です。そこで「北山宏光」が「玉森さんの友達ってどのラインからですか?」と質問すると、「ちゃんと話せる人かな、本音で」と「コメント」します。さらに「ちゃんと思ったときに何かを言えて、けんかできるくらいの人がいい」そうで、友達になるための「ハードル」はかなり高い様子でした。




「玉森裕太」いわく、地元には友達がいるものの、そのほかの出会いで知り合った人は「それは友達になるのか、知り合いになるのか。はたまた他人のままなのかわからない」そうです。そこで「北山宏光」が「ボーダーラインの引き方を変えてみたらどうですか?地元の仲間は「“親友”」にする。そしたら、友達の物差しがもうちょっと広がるんじゃないですか?」と提案するも、「玉森裕太」は「ご飯だけ食べる人もいるじゃん。「そういう人は」友達じゃない」と「キッパリ」。

これに「番組スタッフ」と「北山宏光」は大爆笑していましたが、どうやら「玉森裕太」は、食事や飲みに行くだけの関係性の人をあまり信用していないようです。

一方の「北山宏光」は、友達の線引きをはっきりしていないとのことです。「玉森裕太」から「目が合ったら友達くらいの感覚でしょ」「ちょっと気が合ったら「俺ら友達」みたいな感じでしょ?」と言われ、「北山宏光」は「やばい奴じゃん」と否定しましたが、「一緒に○○をした人」や「共演者」は、友達に分類するんだそうです。ただ、あえて友達だと明言することは少ないといい、「“友達の定義”」は曖昧にしていると語りました。




そんな中、「北山宏光」は地元の仲間を「親友」と呼び、そこに新しい友人を連れて行くことで、友達の輪が広がっていくのだといいます。これを聞いた「玉森裕太」は「なんだ、そのコミュニティーは すげぇじゃん」と「ポツリ」。「北山宏光」によると「玉森も昔、参戦してたんですよ。その中でBBQをしたり」と、意外にも「北山宏光」の地元の仲間と「玉森裕太」が交流していた時期があったそうです。

当時、初めて肉を焼いた「玉森裕太」は、塩と「コショウ」ではなく、味の素を真っ白になるまで振りかける大失敗をしたようで、「北山宏光」は「「何これ、しょっぺぇ!」って。「そりゃそうだよな」っていまだに言われてるよ、俺らの「中で」」と、今でも話題に上ると明かしていました。

この放送に「ファン」からは「北玉の思い出話いいね!」「同じクラスだったら、友達にはなってないんだろうな」「社交的なみっくんと人見知りな玉ちゃんの性格が対照的すぎ!」などの声が集まりました。

「玉森裕太」らしい大失敗を遠慮なく暴露できる「北山宏光」との関係が友達関係に思えてしまいますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。