大西流星★湯葉作りに挑戦★熱い&舌が子どもなので&悪戦苦闘

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「大西流星★湯葉作りに挑戦★熱い&舌が子どもなので&悪戦苦闘」の事をお伝えしたいと思います。

関西地方で放送されている夕方の「報道・情報番組」「キャスト」「朝日放送」に、「水曜レギュラー」として出演している「関西ジャニーズJr.内ユニット」「なにわ男子」です。「メンバー7人」の中から週替わりで「2人」が「ロケ」に出て、関西のさまざまな仕事に体当たりで「チャレンジ」する「コーナー」「なにわの仕事を学びまSHOW」を担当しています。




「2月12日」の放送回は、「大西流星」と「長尾謙杜」が「湯葉作り」の仕事に挑戦しました。湯葉は「大人の食べ物」という印象を持つ現役高校生の「2人」が訪れたのは、京都市右京区にある京湯葉の老舗「千丸屋」でした。早速「2人」は、湯葉が何からできているのか学ぶことになります。

工場で湯葉の原料となる白い液体を見た「長尾謙杜」は「牛乳じゃないですか!またはホワイトチョコレート」と無邪気に発言します。もちろんこれは不正解で、湯葉の原料は「豆乳」です。豆乳を煮詰めた際にできる、薄い膜が湯葉となります。たんぱく質などが熱変化で濃縮され膜が張ることを「ラムスデン現象」といい、栄養の塊なのだそうです。「大西流星」から「牛乳を温めたときに膜が張る、その豆乳版?」と的確な質問が出たましたが、「長尾謙杜」は「あ~!ラーメンにもできますよね」と「“とんちんかん”」な発言をして、「大西流星」に「あれは脂が固まってるねん」と冷静に突っ込まれるのでした。

次に湯葉作りの工程を見学する「2人」です。「80度」を保った豆乳から、「10分」ごとに湯葉を引き上げるため、職人はいっときも目を離すことができず、まさに時間との勝負です。そして湯葉を引き上げる作業は「“素手”」で行われるといい、「大西流星」は職人に「熱くないんですか?」と質問します。職人が「「“ちょっと”」熱いですけど、慣れたらもう」と答えると、「長尾謙杜」が「職人さんの「“ちょっと”」熱いは、僕らの「“だいぶ”」熱いっす!」と熱弁する一幕がありました。




「ビニール手袋」を支給された「2人」は、早速引き上げ作業に挑戦します。まず、「大西流星」が作業に取りかかったものの、豆乳の熱さに悪戦苦闘します。「アツ!アツ!アツ!」と絶叫しながらなんとか成功しましたが、あまりの熱さに呆然。続いて、「イメージトレーニング」をして準備万端な様子の「長尾謙杜」でしたが、こちらも「熱い!」と悲鳴を上げ、職人の技術の高さを実感したようです。その後、「2人」は「“人生初”」の湯葉鍋を食べることになります。「だしを吸い取ってて、おいしい!」と感想を述べたものの、結局「まだ舌が子どもなので、あんまりわからない」という言葉で締めた彼らにとって湯葉はまだまだ「“大人の味”」のようです。

「2人」の奮闘ぶりに反響も大きく、「高校生コンビに癒やされた」「イメトレに励む長尾くんがかわいかった!」「そのうち湯葉のおいしさがわかるはず」といった声が寄せられました。

現時点で湯葉の美味しさが分かってしまっては「2人」のためにならないでしょうね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました