伊野尾慧★オリンピック関連の才能発覚★アイドルやめないで&ファン悲鳴

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「伊野尾慧★オリンピック関連の才能発覚★アイドルやめないで&ファン悲鳴」の事をお伝えしたいと思います。

「Hey!Say!JUMP・伊野尾慧」が「木曜レギュラー」を務める情報番組「めざましテレビ」「フジテレビ系」です。「2月13日」に放送された「伊野尾慧」の「コーナー」「いのおピクチャー」では、意外な人物との「ツーショット写真」が披露されました。




「東京タワーがとても綺麗だったので写真を撮ってきました」と、「東京タワー」を「バック」にした、自身と眼鏡姿の男性の「ツーショット写真」を紹介しました。同番組の「メインキャスター・三宅正治アナウンサー」から「「隣の人物は」誰?」と聞かれた「伊野尾慧」は「平成ノブシコブシの吉村「崇」さんです」と明るく答えました。

すると、「スタジオ」では「オーラないなあ!」「一般人が映ってるのかと思った」といった声や、真顔の「吉村崇」に「笑って~」という「コメント」が飛び交い、一同大笑いしました。視聴者からは、「伊野尾くん、年上キラーだな!」「どんな話をしたのか気になる」という声が寄せられました。

その後放送された「イノ調」では、「オリンピックのアスリートを支えるスゴ腕職人」を「伊野尾慧」が調査しました。まずは、「東京オリンピック・金メダル候補」の「バドミントン日本代表・桃田賢斗選手」を支える「職人・ストリンガー」の元を訪れました。「ストリンガー」とは、「ラケット」に「ストリング」という糸を張る職人のことで、初めて聞く職業に興奮気味の「伊野尾慧」です。「そういった職業をストリンガー!っていうんですか」とやたらと強調し、職人や「スタッフ」から「結構、強調が強いですね」と「ツッコ」まれる場面も。実際に体験してみると、細かい作業にもかかわらず、「スムーズ」に糸を通すことに成功します。職人にも「うまいと思います」と褒められ、「まさか私にストリンガーの才能があったなんて知らなかったです」とうれしそうな様子です。




次に訪れたのは、「ヨット」の「セール」「帆」製造会社でした。ここで「伊野尾慧」は、特注の「両面テープ」を使い、「セール」の組み立て作業を体験します。ですが、「テープ」が「ガタガタ」になり、職人は「30点くらい」と「バッサリ」。続けて、「テープ」で「パーツ」を貼り合わせる作業に挑戦したものの、隙間ができてしまい「商品にはならない。0点」と言われ、「ここの会社の人、めちゃくちゃ厳しいんですけど」と落ち込む「伊野尾慧」です。そして、「「今後」ヨットの競技を見るとき、あの2人「職人」の顔が思い浮かびます。ダメ出しが聞こえてくる」と「トラウマ」になったことを冗談交じりに話していました。

「スタジオ」で「三宅正治アナウンサー」から「アイドルやめてストリンガーとしてやっていく?」と言われた「伊野尾慧」は、「その道ももしかしたら ってないですよ!」と「ノリツッコミ」します。視聴者からは「褒められて、素直に喜ぶ伊野尾くんがかわいかった!」「アイドルをやめないで~」という声が集まりました。

「伊野尾慧」の晩年は「ストリンガー職人」になっているのかも知れないですね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました