キンプリ★藤島ジュリー景子社長★鬼チェック&露出制限★周囲から心配の声

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「キンプリ★藤島ジュリー景子社長★鬼チェック&露出制限★周囲から心配の声」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニーズ事務所」の新たな「“稼ぎ頭”」となりつつある「King&Prince」です。「国民的アイドル」として人気を誇ってきた「嵐」が「2020年末」で「グループ活動」を休止するだけに、事務所は「キンプリ」に「“ポスト嵐”」としての期待を寄せているといい、一部業界関係者によると現在、「藤島ジュリー景子社長」は「キンプリにしか興味がなくなっている」といいます。

「2018年5月」発売の「ファーストシングル」「シンデレラガール」で華々しく「デビュー」した「キンプリ」です。同「10月」に「メンバー」の「岩橋玄樹」が「パニック障害」の治療に専念するため休養に入って以降、「平野紫耀、永瀬廉、高橋海人、岸優太、神宮寺勇太」の「5人」で活動しており、映画や「ドラマ、バラエティー番組」の出演など個人の仕事も次々に展開しています。そんな彼らに目をかけているのが「藤島ジュリー景子社長」だといい、もはや「キンプリ以外は眼中にないのでは」と周囲が心配になる「レベル」だそうです。




なんでも「藤島ジュリー景子社長」は「キンプリ」のこととなると、細かな部分にまで逐一口出しするそうです。

ほかの「グループ」の出演作品を「チェック」するといったことはあまりない「藤島ジュリー景子社長」ですが、こと「キンプリ」に関しては、写真から映像、音源まで「“鬼チェック”」を入れ、特に「ドラマ」や「バラエティー番組、歌番組」には厳しく目を光らせているそうです。また、「メンバー」の素の部分が露出する映像には、特に気を使い、一部制限をかけているという話も耳にします。「2018年10月」と「2019年10月」には、彼らを長期密着した「ドキュメンタリー番組」「RIDE ON TIME」「フジテレビ系」が放送されましたが、これについては「ドキュメンタリータッチならOK」と「藤島ジュリー景子社長」の許可が降りたため、実現したといいます。近年、「ジャニーズ事務所」は「YouTube」に力を入れていますが、「キンプリ」が登場しないのも、「藤島ジュリー景子社長」が控えさせているからだそうです。

このような状況だからこそ、「キンプリ」以外の「グループ」が「自由に活動できる」側面もあるというのですが。




「藤島ジュリー景子社長」は、「キンプリ」以外の「グループ」を、もはや「“放置”」に近い扱いだそうで、ほかの「グループ」の「メンバー」たちは、将来に不安を覚えているようです。また最近、「嵐ファン」が徐々に「キンプリファン」へと移行しているというのですが、これも「藤島ジュリー景子社長」の狙い通りなのかもしれません。ただ、「キンプリ」だけを寵愛するのではなく、いろいろな「グループ」に気を配った方が、事務所の発展につながるはずです。

「キンプリ」だけの事務所ではないだけに、「所属タレント」に満遍なく「スポット」が当たる体制を考えてほしいものですが。

「藤島ジュリー景子社長」にも「キンプリ」に対する将来に向けた大きな「ビジョン」があるのかも知れないですね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました