KAT-TUN★復活コンチケット★ファン対立★ハイフン以外応募しないで

こんばんは。
今日は「KAT-TUN★復活コンチケット★ファン対立★ハイフン以外応募しないで」の事をお伝えしたいと思います。

2017年12月31日」から「18年1月1日」にかけて「フジテレビ系」で放送された「ジャニーズカウントダウン2017-2018」にて、「“充電期間”」を終えて活動再開することを発表した「KAT-TUN」です。今年「4月20~22日」に「東京ドーム」で「コンサート」を行うことも発表され、会場にいた「ファン、そしてネット上」は歓喜の声であふれていました。




しかし、喜んでばかりもいられないのが「ジャニーズファン」です。「コンサート会場」に入るためには、まず「チケット」を入手しなくてはなりません。通常、「ジャニーズアイドル」が出演する「コンサート」や舞台公演は、「ファンクラブ会員」になると先行申し込みができます。そのため、一般申し込みよりも格段に「チケット」の確保がしやすいのです。とはいえ、現在最も「ファンクラブ会員数」が多い「」は「約200万人、KAT-TUN」も「20万人」近い会員数がおり、応募者の中から抽選されることがほとんどです。容易に「チケット」が当選するとは言い難いのが現状です。

KAT-TUNファン」は「公式アナウンス」前にもかかわらず、「早速チケット」が当選するかどうかで気を揉んでいる様子です。ただでさえ当選しにくい「チケット」な上に、「KAT-TUN活動再開1発目」の「コンサート」ということで、応募が殺到すると予想しているようなのです。そのため、「ネット上では「KATーTUNファン以外の方にお願いです私たちは約2年間KAT-TUNを待っていました今回のコンサートは私たちを優先にしてください」「復活1発目は会場のお客さん全員hyphenじゃないと意味ないそれぐらいわかってください」など、「「KAT-TUN」の「ファン以外」は「コンサートチケットの申し込みすら許さない」という意見も見受けられます。「コンサート」には「ジャニーズJr.」が「バックダンサー」を務めることも多のですが、彼らの「ファン」に申し込みをしないよう訴える「KAT-TUNファン」もいます。

その一方、「申し込み数が増えないと追加公演もないし、「ツアーだって行われないかもしれない常に新規ファンを増やすことも大事」「誰がどこのコンサートに行こうと自由でしょいちファンが口を出すことじゃない」といった声もあり、「ファン同士意見」が対立している様子が見て取れます。




実はこの問題、昨年行われた「KAT-TUN亀梨和也さん」の「ソロツアー」「KAT-TUN KAZUYA KAMENASHI CONCERT TOUR 2017 The一~Follow me~」でも、今回と同じように「ファン」の間で議論が交わされていました。「Follow meにはJr.内ユニット」「宇宙Sixメンバーバックダンサーとして帯同していたのですが、「亀梨和也さんファンから「「ソロコンJr.ファンがくるのは不愉快」といった声が上がっていました。これは、ある「Jr.ファン」が「亀梨くんに興味がなさすぎてコンサートに行くのだるい」などと「Twitter」に投稿したこともきっかけではあったのですが、少なくとも「「メイン出演者以外のファンが会場に来ること」に不快感を覚える「ファン」が一定数いることは間違いないでしょう。

ファン」はかなり気を揉んでいますが、案外「チケット」は激戦にならないかもしれないようです。というのも、充電期間前の「16年4月3日~5月1日」に行われた「コンサートツアー」「KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY LIVE TOUR “10Ks!”」は、「元メンバー」の「田口淳之介さん」脱退後初の「3人体制、さらに「デビュー10周年」」という節目に行われた「コンサート」であったのですが、「チケット売買サイト」では定価以下で売りさばかれているような状態で、実質、「チケット」は余っていたのでした。「KAT-TUN」以外の「ファン」が応募を控えるような事態になれば、同じことが起こっても不思議ではありません。「ファン」は一体、どういった選択をするべきなのでしょうか。

なかなか入手できない「コンサートチケット」を手に入れられるのは奇跡に近いのかも知れませんね。





人気ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。