木村拓哉★TBSとテレ朝のタブー&木村拓哉忖度★元SMAP3人起用に消極的

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「木村拓哉★TBSとテレ朝のタブー&木村拓哉忖度★元SMAP3人起用に消極的」の事をお伝えしたいと思います。

「元SMAP」の「稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾」の「テレビ出演」が相次いでいます。昨年大みそか放送の「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!大みそか年越しスペシャル 絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!」「日本テレビ系」や、年明けの「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」「テレビ東京系」、「初対面トークショー!! 内村カレンの相席どうですか」「フジテレビ系」などに登場していることから、「ジャニーズ事務所」による「“圧力”」や、「オファー」に二の足を踏む「テレビ各局」の「“忖度”」はなくなったようにも見えますが、依然として「一部キー局」には、「3人」の大々的な出演がかなわない「“タブー”」が存在しているといいます。

「2月17日」発売の「週刊現代」「講談社」は、「2月1日」に放送された「欽ちゃん&香取慎吾の第97回全日本仮装大賞」「日本テレビ系」の収録現場の様子を詳報しました。彼らの「マネジメント」を務める「飯島三智氏」に、多くの局関係者があいさつに訪れていたといい、今後、「3人」の番組出演はさらに増えると伝えました。




ですが、こうした状況にもかかわらず、「3人」の起用に消極的なのが「TBS」と「テレビ朝日」です。「TBS」は昨年「2月、香取慎吾」の初個展「サントリー オールフリー presents BOUM ! BOUM ! BOUM ! 香取慎吾NIPPON初個展」の密着番組を放送したほか、番宣出演の機会はあるものの、「3人」が「ゴールデン」の「バラエティー」に出るといったことはありません。「テレ朝」に関しても、同様のことが言えます。両局には共通点があって、それは「ここ数年、木村拓哉が連続ドラマに主演している」こと。つまり、「ジャニーズ」への忖度はなくなっても、「木村拓哉」への忖度は、いまだに続いているということです。

「木村拓哉」はかつて、「TBS」と「フジ」の「連ドラ」に交代で主演を続けていたものの、「フジ」に関しては、視聴率不振が本格化しつつあった「2014年」「HERO」を最後に、「連ドラ主演作」は放送されていません。今年「1月」に放送された「スペシャルドラマ」「教場」は、実に「6年」ぶりの「フジ主演作」となっています。

「2015年」以降も、不振の「フジ」で「連ドラ主演」を続けていたとすれば、「“視聴率1ケタ台”」という「木村拓哉」にとっては不名誉な記録を残していたかもしれません。一方、「テレ朝」で「2018年1月期」に放送された「BG~身辺警護人~」は大好評で、今年「4月」には続編が放送予定とあって、「木村拓哉」の「フジ」から「テレ朝」への「“鞍替え”」は、成功と言えるのではないでしょうか。




そんな「テレ朝」と「TBS」が「3人」の起用に後ろ向きなのは、「木村拓哉」や「ジャニーズ」が「“圧力”」を掛けているから、という話ではないようです。

あくまでも「テレビ局側」が勝手に「“忖度”」して、「“木村タブー”」を発動させている状況です。「TBS」もしくは「テレ朝」に、「3人」が大々的に出演したとき、初めて「テレビ業界から圧力や忖度が払拭された」と言えるのではないでしょうか。

先に「3人」を起用するのは、「TBS」と「テレ朝」、どちらが先となるのでしょうか。

「元SMAP3人」を積極的に起用しない闇の深さが今もなおあるようですね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました