堂本剛★西川貴教が未成年に間違われた話に懐疑的★あんな10代いない

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「堂本剛★西川貴教が未成年に間違われた話に懐疑的★あんな10代いない」の事をお伝えしたいと思います。

「KinKi Kids」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「KinKi Kidsどんなもんヤ!」「文化放送」が「2月17日」深夜に放送され、「堂本光一」と「堂本剛」が登場しました。

今回は、番組中盤で読み上げられた「西川貴教さんが飲食店で未成年に間違えられたそうです。お二人は大人になってから未成年に間違われたことはありますか?」という、「リスナー」からの「メール」で大盛り上がりしました。「堂本光一」は「あんなゴツい10代いる!? もう、筋肉モリモリよ!?」と衝撃を受け、「堂本剛」も「どうでしょうねえ~、ホンマかな?ちょっと盛ってない?」と疑惑の目を向けます。一方、自身の経験については、「堂本光一」が「日本ではないな」としつつ、海外では「お酒買うなら「ID見せろ」って、普通にね」とのことで、国外だと年齢確認をよく受けるのだそうです。




また「堂本光一」は、「ヒゲでハゲ」「普通におじさん」という風貌の親しい「カメラマン」「“いむりん”」と一緒に、「ラスベガス」で「カジノ」へ行ったそうです。すると、「いむりん」が未成年に間違えられ、「スタッフ」に「おいおい、おまえ!」と呼び止められたのだそうです。「どんだけ日本人、子どもに見られてるんだよ?」と「ツッコ」む「堂本光一」に、「堂本剛」も「すごいボケかましてくるやん、ベガスの人。どこがやねん、おっさんやけど?」と乗っかりつつ、二人は「日本人は若く見られる」と再確認したようです。

その後、「リスナー」から「手首のボコッとしている場所が大好きで、キレイでずっと見ていられます」と、「“フェチ”」を告白する「メッセージ」が寄せられました。「堂本光一」が「これの何がいいの?」と困惑する一方、「堂本剛」は「でもこれが例えばさ、この手首の突起に「ちょっと、見んといてよ」って概念が生まれたら、ここを隠す布みたいなのができる」と、「“妄想”」を展開しました。

「堂本剛」はさらに、「例えば今やったら、おっぱい。おっぱいを見られるのは恥ずかしい。形を整えたいっていうのもあるけど、ブラジャーっていう概念があるじゃないですか。それがこの手首のでっぱりに、その概念がスライドした場合ですよ。ここを隠すための、細い布みたいなのが出るってことですよね?」と話を続けます。現在は「手首のでっぱりを見られるのが恥ずかしい」という概念が生まれていないため、「堂本剛」は「普通にさらけ出して生きてる」のだと主張しました。




この話を聞いていた「堂本光一」は、「ある意味、「リスナーが」うらやましくない?」と質問します。「ここ「手首のでっぱり」でちょっとドキドキできんねんで?みんな見せてるのに」といい、「堂本剛」も「夏なんかみんな見せてるもんな」と反応します。最終的に、人の手首を見て楽しめる「リスナー」に対し、「うらやましいね!」と声をそろえる二人でした。

放送を聞いていた「リスナー」からは、「海外で未成年に間違われる光一さん、さすがとしか言いようがない!」「どっちか一人の放送でもふざけてるけど、二人だともっとふざけるKinKi Kids!」「剛くんの妄想がすごすぎて、手首の話なんか納得してしまった「笑」」という声が寄せられていました。

「西川貴教」に詳しい人物なら絶対に認めることのない出来事ですよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました