重岡大毅さん&小瀧望さん★宇宙を駆けるよだか★実写化難しさ吐露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「重岡大毅さん小瀧望さん★宇宙を駆けるよだか★実写化難しさ吐露」の事をお伝えしたいと思います。

ジャニーズWEST」の「メンバー」が「パーソナリティー」を務める「ラジオ」「bayじゃないか」「bayFM」です。「4月7日」深夜の放送は、「重岡大毅さん」と「小瀧望さん」が「パーソナリティー」を担当しました。

前回の放送では、「小瀧望さん」が「ドラマ映画」での役作りや共演者との交流を明かしていましたが、今回は「重岡大毅さん」と「メンバー」の「神山智洋さん」が出演する「ドラマ」「宇宙を駆けるよだか」「Netflix」の撮影が終了したということで、「重岡大毅さん」から「ドラマ」について語られました。




同ドラマ」で「重岡大毅さん」が演じるのは、「クラス」の「人気者火賀俊平」という高校生です。撮影前は「楽しそうやな~」と「ワクワク」していたという「重岡大毅さん」ですが、実際に「ドラマ」の撮影が「スタート」すると、想像以上に「シリアス」な内容で驚いたようです。すかさず「小瀧望さん」が「少女マンガ原作なんですよね?」「どういう感じでシリアスなんですか?」と確認すると、「重岡大毅さん」は「1話の初めのシーンから大事件が起こるわけ!」と明かしました。配信開始時期はまだ発表されておらず、「ラジオ」で内容を語ると「ネタバレ」になるため詳しくは語られませんでしたが、どうやら物語の最初から「“キモ”」になる「シーン」が待っているようです。

ドラマ」の撮影で「“難しかったこと”」を聞かれると、「重岡大毅さん」は「眩しかったな火賀がオレにとって」と自身が演じた「キャラクター」を語り始めます。「「こんなこと言えない!」じゃないけどなんかすごい遠い存在なんよ自分の中の気持ちというか感情とかけ離れてるから」とのことで、役作りには苦戦していたようです。とはいえ、「重岡大毅さん」が少女漫画原作の作品へ出演するのは、「2016年」に公開された映画「溺れるナイフ」に続いて「2作品目」です。これから経験を積んでいけば、「少女マンガ」の世界にもすんなりと入っていけそうです。

その話に「なんとなくわかります」と同意した「小瀧望さん」も、少女漫画が原作の映画「プリンシパル恋する私はヒロインですか?~」に出演し、「3月3日」に公開されたばかりです。そのため、少女漫画原作の「キャラクター」を演じる難しさを実感しているようで、「重岡大毅さん」の苦労に共感していました。「小瀧望さん」は「漫画の原作を演じるって相当プレッシャーなんですよねやっぱり原作のファンもいますし」と語っており、漫画原作の作品を演じたからこそ得た経験もあったようです。




また、「重岡大毅さん」と「ダブル主演」を務める「神山智洋さん」にも話が及びました。「神山智洋さん」の役は「容姿端麗スポーツ万能知的」で「クール」という、まさに絵に描いたような少女漫画の登場人物だそうです。「重岡大毅さん」が演じる「火賀俊平」とは親友同士という関係性もあるため、「ジャニーズWEST」の「ファン」にとっては「“かみしげ”」「コンビ」が親友役を演じる面白さや、その「2人」の恋模様などの見どころがあると紹介していました。

宇宙を駆けるよだか」は「全6話」で、今年中に配信予定とのことです。一体どんな作品になっているのか、期待したいですね。

少女マンガ」の実写化は良くあることですが、演じる方とすればかなりの「プレッシャー」がかかってくるでしょうね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。