ジャニーズ★槇原敬之逮捕によかった★世界に一つだけの花を封じたい真意とは

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「ジャニーズ★槇原敬之逮捕によかった★世界に一つだけの花を封じたい真意とは」の事をお伝えしたいと思います。

「2月8日、木村拓哉」が「東京・代々木国立競技場 第一体育館」で初の「ソロツアー」「TAKUYA KIMURA Live Tour 2020 Go with the Flow」を「スタート」させました。公演で「SMAP」の楽曲を披露したことで、業界内外から「“SMAP再結成”」の可能性が取り沙汰されていましたが、そんな中起こった「槇原敬之」の逮捕に「ジャニーズ関係者はほくそ笑んでいた」といいます。

「2016年末」に解散した「SMAP」ですが、「ファン」からは今も再結成を望む声が聞かれます。ただ、「2017年」に「稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾」が退所し、「ジャニーズ」に残った「木村拓哉」と「中居正広」も個人で活動をしているため、再集結するのは厳しい状況です。そんな中、「木村拓哉」は今年「2月」の「ソロツアー」で、「SMAP」の楽曲「SHAKE」「1996年」や「夜空ノムコウ」「1998年」を歌唱したことが報じられました。




これによって、「メディア」では「SMAP再結成の布石では」とする記事が量産されるようになり、「ネット」上の「ファン」からも期待が寄せられていました。

一方、「ジャニーズ上層部」は、この雰囲気を快く思っていなかったといい、いまだに、「“元ジャニーズ”」の「稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾」と、「“現役ジャニーズ”」の「木村拓哉」と「中居正広」が横並びで報じられることに、不満を持っていたそうです。そんな折、今月「13日」に「槇原敬之」が覚せい剤取締法違反などの疑いで逮捕され、「ジャニーズ上層部」は「よかった」と安堵しているそうです。

「ジャニーズ」と「槇原敬之」の関係といえば、「槇原敬之」が「作詞・作曲」を手掛けた「SMAP」の代表曲のひとつ「世界に一つだけの花」「2003年」が思い浮かぶでしょう。




「SMAP」やその「ファン」にとって特別な楽曲である「世界に一つだけの花」だけに、同曲が「5人」を結びつけると信じる「ファン」も多かったようです。昨年大みそか放送の「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!大みそか年越しスペシャル 絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!」「日本テレビ系」では、「“同曲風”」の「イントロ」が流れ、多くの「ファン」が喜んでいたことも記憶に新しいところです。ですが、「槇原敬之」が逮捕されて以降、「テレビ番組」などでは彼の楽曲を使用することは控えていますし、今後、このような演出は行われないでしょう。また「木村拓哉」が「世界に一つだけの花」を「ソロライブ」などで披露することも当分はないはずです。「槇原敬之」逮捕は、「ジャニーズ」にとって「「“再結成”」説に関わる記事が出なくなる」という意味で好都合だったわけです。

そんな中、「2月20日」に「ニュースサイト」「文春オンライン」は、「中居正広」が「ジャニーズ事務所」から独立すると報道しました。本人や事務所の正式な「コメント発表」が待たれますが、「SMAP唯一」の「“現役ジャニーズ”」になるかもしれない「木村拓哉」は、何を思っているのでしょうか。

「中居正広」独立後の行動次第では「SMAP再結成」も現実味を帯びてくるかも知れないですね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました