二宮和也★ニノさんで劇団ひとりをイラつかせる★いらない&注意された一言

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「二宮和也★ニノさんで劇団ひとりをイラつかせる★いらない&注意された一言」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐・二宮和也」の「冠バラエティー」「ニノさん」「日本テレビ系」が「2月23日」に放送され、「お笑い芸人・劇団ひとり、俳優・高橋英樹、女優・新川優愛」が登場しました。先週に引き続き、新企画「音を味わうレストラン 耳シュラン」が行われました。




この企画は、「一流シェフが作る料理を目や口ではなく、耳で楽しむ」という「コンセプト」をもとに、「ゲスト」が「“調理音”」や「“咀嚼音”」を「ヘッドホン」で聞いて楽しむという内容です。今回は鉄板焼き「レストラン」を営む「平野信英シェフ」に、「お好み焼き」「牡蠣グラタン」「石焼きステーキ丼」の「3品」を作ってもらうことになりました。

まず「お好み焼き」の「ポイント」は、「キャベツ」を切る音と大和芋をする音、生地を焼く音とのことです。「豚バラ」が焼かれる「シーン」では、「二宮和也」が「マイクがキラキラ光ってんな、油で」と、調理音を拾うための「マイク」に油が跳ねていると細かい「ツッコミ」を入れつつ、出演者全員が音に聞き惚れていた様子です。最後に「“特選素材”」として、神奈川県相模原市産の「さがみっこ」という高級卵が登場します。卵を割って焼く場面で、「二宮和也」は「卵割れる音はよかった」と感心したようです。

その後の「石焼きステーキ丼」では、「マッシュポテト」を揚げる音、「ステーキ肉」が焼ける音、石焼き鍋で混ぜる「ジュージュー音」と「3つ」の「ポイント」を紹介します。「揚げる音はいいからな、やっぱりな~」と言って「ヘッドホン」を装着した「二宮和也」は、「マッシュポテト」の調理中、「すげー!」「さすがです!」と声を上げて絶賛します。また、「牛ヒレ肉」が焼ける音に対し、「劇団ひとり」が「うまそう」と「コメント」すると、すかさず「二宮和也」が「「うまそう」じゃなくて、「イイ音」のほうください」と、番組の趣旨と違う感想を漏らしたことに「ツッコミ」を入れる場面もありました。




最後に「利き耳クイズ」が行われ、見事、正解した「高橋英樹」と「新川優愛」、そして「MC」の「二宮和也」が石焼き「ステーキ丼」を食べられることになります。「二宮和也」は「ステーキ丼」を口にし「ふふふ」と笑ったあと、「ハァ〜」と思わず吐息。「スタジオ」から「セクシー」な吐息に「フゥ〜!」と歓声の上がる中、ただ一人食べられなかった「劇団ひとり」だけ、悔しそうに「食った後の「ハァ〜」いらない」と「ボヤ」いたのでした。

この放送に「ネット」上では、「最後の「ハァ〜」が最高でした!調理音もいいけど、ニノの声が一番!」「ニノの咀嚼音のあとの「ハァ〜」がヤバかった。この企画、神では?」「最後にちゃんと視聴者の耳も楽しませてくれて、さすが二宮くんです!」といった声が集まっていました。

食べることのできな「劇団ひとり」にしてみればこんな悔しい「イラ」だつ企画は勘弁してほしいですよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました