スノ★それSnow Manにやらせて下さい★スト&キンプリファン不満爆発

ジャニーズ
Pocket

こんにちは。
今日は「スノ★それSnow Manにやらせて下さい★スト&キンプリファン不満爆発」の事をお伝えしたいと思います。

「Snow Man」にとって地上波初の冠番組「それSnow Manにやらせて下さい」が、「3月25日」に「TBS系」で放送されることが決定しました。彼らは今年「1月」に「CDデビュー」を果たしたばかりで、いきなりの朗報に「ファン」からは「冠番組おめでとう!」と、歓喜の声が続出しています。その一方で、「Snow Man」と同時に「CD」を「リリース」した「SixTONES」や、今年で「デビュー3年目」となる「King&Prince」の「ファン」は、この決定に不満を抱いているようです。

「2月28日午後5時、Snow Man」の「公式YouTubeチャンネル」で「Snow Man「初の???」サプライズ重大発表!」と題した動画が公開されました。撮影当日、「メンバー」は「リアル知名度調査」の「ロケ」を行うと聞かされていましたが、実際には冠番組決定を「ドッキリ形式」で知る という内容です。冠番組の「タイトルは」「それSnow Manにやらせて下さい」で、「3月25日」の「午後11時56分~午前0時55分」の放送「TBS系、一部地域を除く」と詳細が発表された一方、番組の内容は「一切決まってない」とのことです。「スタッフ」は「「番組名が」変わる可能性もあります」と、「9人」に伝えていました。

「Snow Man」といえば、「SixTONES vs Snow Man」または「Snow Man vs SixTONES」名義で、今年「1月22日」に「シングル」「D.D./Imitation Rain」を「リリース」しました。「ジャニーズ事務所」初の「2組同時デビュー」は大きな注目を集め、「2月3日付」の「オリコン週間シングルランキング」では、「132万8,206枚」という驚異的な売り上げを記録しました。昨年「8月」の「デビュー」発表後、何かと「“セット売り”」されてきた「両グループ」ですが、ここへ来て「Snow Man」のほうが先に冠番組を「ゲット」した形です。




また「Snow Man」は、今年「1月9日」から文化放送で「冠ラジオ」「Snow Manの素のまんま」も始まっているだけに、「SixTONESファン」は「Snow Manは冠番組決まったのに、SixTONESはないの?ちゃんとした理由が知りたい」「Snow Manばっかり冠番組持ってるって意味がわからない。SixTONESのこと忘れてない?」「SixTONESには冠番組の仕事が来てないのかな 悔しすぎて泣けてきた」と落胆しています。特に、「Snow Man」は「滝沢秀明副社長」の「“ゴリ押し”」「グループ」だと捉えている「ファン」も多く、「同時デビューのSixTONESとここまで仕事に差が出るのはおかしい」と、怒りを露わにしています。

「Snow Man」は、「2012年」に「深澤辰哉、佐久間大介、渡辺翔太、宮舘涼太、 岩本照、阿部亮平」の「6人」で始動した「グループ」です。「ジャニーズJr.時代」は、舞台「滝沢歌舞伎」などに出演しており、「滝沢秀明副社長」からの信頼が特に厚い「グループ」なのです。「2019年」には、「Snow Man」に新しい風を吹かせるべく、「滝沢秀明副社長」が「向井康二、目黒蓮、ラウール」の加入を決断します。増員までして「グループ」を強化させたため、「Jr.ファン」の間でも「“Snow Man=滝沢秀明副社長のお気に入り”」といった「イメージ」が広まっていました。そんな経緯もあり、昨年「8月」の「デビュー」発表後は、「どうしてもSnow Manをデビューさせたい滝沢秀明副社長が、人気のあるSixTONESと一緒に売り出すことを画策した」などと、邪推する「ファン」もいたようです。今回の冠番組発表を受けて、「こればかりは、「“タッキーがスノに肩入れしてる”」と思われても仕方ない」との指摘も出ています。

とはいえ、「SixTONESメンバー」は個々での活躍の場も増えています。「松村北斗」は、「1月期」の「向井理主演ドラマ」「10の秘密」「フジテレビ系」に出演中で、「ジェシー」は情報番組「スッキリ」「日本テレビ系」内の「コーナー」「WEニュース」の「マンスリーMC」「2月」を務めたほか、「森本慎太郎」は「先輩・TOKIO」の冠番組「ザ!鉄腕!DASH!!」に複数回登場しています。「グループ」では、「アパレルショップ」「WEGO」の「CMキャラクター」に起用され、まったく露出がないわけではないのですが。

ここ半年の「Snow Man」は、お笑い芸人とともに出演した特番「7G~SEVENTH GENERATION~」「フジテレビ系」が昨年「2回オンエアー」され、今年の元日も「第53回新春!爆笑ヒットパレード2020」に出演しました。「グループ」として「メディア」に露出する機会が多かったのです。また最近も、「ラウール」が「クリスチャン・ディオール」の「アイテム」との「コラボレーション」を任され、「目黒廉」は「嵐・二宮和也」と「JCB」の「新テレビCM」で共演しています。「渡辺翔太」は「1月」に「WOWOWプライム」で「スタート」した「織田裕二主演」「連続ドラマW 頭取 野崎修平」の「キャスト」に選ばれていました。こうした動きが立て続けに起こったこともあり、「Snow Manは大きな仕事が増えている」と、「SixTONESファン」が不満を漏らしているのかもしれません。




ですが、「ネット」上では「SixTONESファン」だけでなく、現状で冠番組を持っていない「キンプリ」の「ファン」からも非難の声が出ています。「キンプリ」は、情報番組「ZIP!」「日本テレビ系」内の「冠コーナー」こそあるものの、「2018年5月」の「CDデビュー」以降、単体の冠番組には恵まれていません。その一方、昨年「8月」発売の「シングル」「koi-wazurai」が、「オリコン週間ランキング」で「39.9万枚」を売り上げたほか、「メンバー」や「グループ」で表紙を務めた雑誌が何度も「重版決定」と話題になるほどで、その勢いはとどまることを知りません。

こうした結果を残している「キンプリ」が、「デビュー順」では後輩の「Snow Man」に先を越されてしまい、「キンプリは数字を出しても冠番組をもらえないのに、スノはデビュー1カ月って どうして?」「大事なのはタッキーに推されるかどうかなんだね。本人たちの頑張りが評価されないのは悔しいし、悲しい」「スノはタッキーのお気に入りだから冠番組を持てたの?キンプリならまだ納得できるのに、モヤモヤする」「スノの冠番組はおめでたいけど、キンプリは?タッキーのえこひいきは許せない」と、「ファン」が意気消沈しています。

「Snow Man」の新規仕事が入るにつれて、厳しい意見も増えてきてしまったようです。近いうちに、「SixTONES」や「キンプリファン」にとっても、うれしい知らせがあることを願いたいですね。

「スト&キンプリファン」の気持ちを考えたら怒りを覚えるのも当然ですよね。



AbemaTVの公式サイトはこちらから

Pocket

タイトルとURLをコピーしました