山田涼介★知念侑李に生放送で一切しゃべんない★本気のダメ出しの訳

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「山田涼介★知念侑李に生放送で一切しゃべんない★本気のダメ出しの訳」の事をお伝えしたいと思います。

「Hey!Say!JUMP」の冠番組「いただきハイジャンプ」「フジテレビ系、2月29日放送」は、「山田涼介、高木雄也、知念侑李」が登場しました。「ゲスト」に「池田美優」「みちょぱ」を迎え、「滑舌カタカナツアー」「第5弾」が放送されました。

この企画は、「“長くて読みづらいカタカナ料理名”」のある飲食店をめぐり、料理名を噛まずに言えたら、「ご褒美メニュー」が食べられるという内容です。「佐野瑞樹フジテレビアナウンサー」が判定人となり、出演者の「“滑舌”」を「ジャッジ」します。




番組冒頭、「山田涼介」の成功率が低いという事実が伝えられると、本人は「俺?ウソ!?」と驚きます。というのも、出演者が順番に料理名を言っていき、失敗した時点で「チャレンジ終了」となる「ルール」上、「トップバッター」を任されることの多い「山田涼介」は、どうしても失敗率が上がってしまうのです。そんな事情があるものの、今回も「トップバッター」は「山田涼介」が担当することになりました。

「1軒目」に訪れたのは、「東京・日本橋」にある「ショコラ専門店」「ル・ショコラ・アラン・デュカス東京工房」でした。「4人」の応援という理由で、「エグゼクティブ・シェフ」が登場すると、「山田涼介」は「ちょっと待って!そんな偉い人が来て1番目、とんでもねぇプレッシャーだぞ!」と苦笑いしつつ、「絶対勝つぞ!」と気合を入れます。

まずは「クープ・グラッセ・オ・カフェとムース・オ・ショコラ・クリュ・デクセプション」という料理名を、「トップバッター」の「山田涼介」が挑戦します。ですが、最後を「デクッスペ」と噛んでしまい、あえなく失敗します。「山田涼介」は立ち上って「カメラ」に背を向け、「やったな?片山、やったな!?」と「ディレクター」に責任を押し付けるような発言をし、「佐野瑞樹フジテレビアナウンサー」に「ディレクターがやったんじゃないですよ。山田さんがやったんですよ!」と「ツッコ」まれていました。




その後、「2問目」で「山田涼介」は「やっぱり知念さんが1番だと思う」と、「トップバッター」を「知念侑李」に変更しようと提案します。ですが「知念侑李」は、「でも視聴者は「それではない」と思うんだよな。今まで1番手であんだけ負けてたわけでしょ?同じ1番手で勝つこと、これみんな望んでる」と反論し返します。突然、饒舌になった「知念侑李」に思わず、「おまえ、ここでしゃべれって時にしゃべんないで、なんでこう言う時にしゃべるんだよ!生放送とか一切しゃべんないじゃん!」と本気で「ダメ出し」する「山田涼介」でした。

それでも、結局、「2問目」も「トップバッター」は「山田涼介」となり、またもや噛んで失敗します。「知念侑李」は「僕の責任かもしれないです。本当にすみませんでした」と、「山田涼介」に代わって謝罪したのでした。ちなみにこの日、「山田涼介、高木雄也、池田美優」が失敗したため、「ご褒美メニュー」は何も食べられないという結果になりました。一方で、「知念侑李」はすべての料理名を噛まずに言えており、滑舌の良さを証明したのでした。

この放送に「ネット」上では、「絶不調で拗ねてる涼介くんかわいすぎる。本番に弱いところもかわいい!」「この企画って、負けず嫌いな山田くんの性格がモロに出るから好き。これからもトップバッターは山田くんでいてほしい」「知念ちゃん、滑舌よすぎない!? 隠れた才能が見つかった感じ」などの「コメント」が寄せられていました。

「山田涼介」が「知念侑李」に対して「ダメ出し」したところで「知念侑李」には勝てない訳ですよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました