二宮和也★嵐にしやがれのスタッフの顔色が気になる★現場の空気を警戒

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「二宮和也★嵐にしやがれのスタッフの顔色が気になる★現場の空気を警戒」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐」の冠番組「嵐にしやがれ」「日本テレビ系」が「2月29日」に放送されました。この日は「二宮和也の勝ちたいシリーズ第14弾」として、「二宮和也」が「“日本一の女性”」「2人」に挑戦する様子を放送しました。

ここまで「4勝9敗」と負け越しているこの企画ですが、まず最初の対戦相手は日本最速の「タイピングアスリート」である、「miri」でした。「タイピング」の日本一を決める大会で「3年連続チャンピオン」になったという彼女は、なんと「1秒間」に「21文字」を打つことができる「“神の手”」を持っているといいます。「デモンストレーション」の「高速タイピング」を見ながら、「二宮和也」はその速さに驚愕していました。




「早打ちタイピング対決」では、通常の「キーボード」を使う「miri」に対し、「二宮和也」が使用したのは「音声認識タイピング用」の「マイク」でした。得意げに「マイク」を取り出したものの、「スタッフ」の顔色が気になるのか、「二宮和也」は「なんか今現場の空気が「おまえ汚えな」みたいな?」と少々自虐気味になります。「5本勝負」ということで、気を取り直して「ゲーム」に集中する「二宮和也」でした。接戦を繰り広げるも、結果は「2対3」で惨敗となってしまいました。

敗因は、焦って早口になってしまい、うまく音声が認識されなかったことのようですが、「二宮和也」は「言えてたよね!?」と悔しそうです。さらに、「罰ゲーム」として「miri」に「ビートたけしのモノマネが生でみたい見たい」と「リクエスト」され、渋々披露したものの、案の定「ダダ滑り」でした。散々な結果となってしまいました。

続いて「2人目」の対戦相手は、記憶力を競うという「メモリーアスリート日本一」の「女性・中原好」でした。「スポーツなんですか!?」と驚いていた「二宮和也」ですが、すでに「40カ国」以上で「メモリースポーツ」として大会が開かれているのだそうです。早速、「2分半」という時間を使って「トランプ」の数字と柄を「1セット」記憶し、その通りに並べるという離れ業を見せてもらうことになりました。ここで「二宮和也」は新品の「トランプ」を渡されるや、「マジック」で培った華麗な「トランプシャッフル」を披露し、これには「中原好」も「スゴい!」と感嘆します。「マジックやってるから」と「ドヤ顔」で「テーブル」の上に「カード」をずらりと並べて見せましたが、すかさず「スタッフ」から「二宮さん、違います」と鋭い「ツッコミ」がありました。




「中原好」の「デモンストレーション」を終え、さっそく対決に突入します。その内容は、「嵐にしやがれ」の「歌唱シーン20種類」の曲名と衣装を「2分間」で覚えるというものでした。対決前、「中原好」の記憶方法を聞いた「二宮和也」は、「「自分も記憶に」向き合える気がする」と力強く言っていただけに、「間違えるわけにはいかないな。絶対的に有利なはずなんだもん」と意気込みは「バッチリ」でした。

今回の「ルール」は、写真の順番を「シャッフル」し、「2人」同時に曲名を答えていき、先に間違えたほうが負けという「デスマッチ戦」です。勝負が「スタート」すると、「第3問」までは「2人」同時に正答していき、「二宮和也」は「余裕だね!嵐だもの!」と「“嵐愛”」を爆発させて、得意げでした。勝敗が分かれたのは「第4問」の「青空の下、キミのとなり」で、「中原好」が曲名を「青空の果て、キミのとなり」に間違えてしまったのです。これにより、「二宮和也」が見事勝利を掴む結果になります。その後、「中原好」に対しては「「曲名」今日初めて見たから」と、「フォロー」する気遣いも見せたのでした。

この日の放送に「ファン」からは、「勝って本気で喜ぶ二宮くん、かわいかった!」「やっぱ嵐のことなら負けないよね!ニノが勝ってホッとしたわ~」「曲名と衣装を答えるの、嵐ファンなら全問正解できそう「笑」」といった声が集まっていました。

「スタッフ」も「二宮和也」が勝利する訳はないと思いつつも汚い行為に思えたようですね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました