小瀧望★丸山桂里奈に初めての経験★言わしめた行動にメンバー騒然

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「小瀧望★丸山桂里奈に初めての経験★言わしめた行動にメンバー騒然」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニーズWEST」の冠番組「エージェントWEST!」「朝日放送」が、「2月29日」深夜に放送されました。同番組は、「ゲスト」の「“ささやかな願い”」を叶える「トークバラエティ」で、この日は前回、前々回に引き続き、「元サッカー日本代表」で「タレント」の「丸山桂里奈」を「ゲスト」に迎えました。

「丸山桂里奈」の「“ささやかな願い”」は「5年前から借りパクしている石原裕次郎のCDを、現役時代の「監督・本並健治さん」に返してきて」というもので、これを叶えた「ロケVTR」は、すでに収録済です。ですが、この映像を見るためには、「WESTメンバー」と一緒にお題を「クリア」しなければならないということで、これまで大奮闘を繰り広げてきました。




そして今回も引き続き、「丸山桂里奈のハートを射止めるのは誰?グランプリ」を開催しました。「タイトル」通り、「丸山桂里奈」を「胸キュン」させた人が勝利となるのですが、なぜかこれまで「桐山照史」ばかりが「1位」に選ばれており、「メンバー」から「「丸山と」付き合うんちゃう?」という「“やっかみ”」の声も上がっていました。

そして、最終決戦「チョコレートを上に投げてカッコよく食べる選手権」の幕が切って落とされます。「丸山桂里奈」はこの対決を提案した理由として、「空間をうまく使って食べる仕草が好き」という独特すぎる持論を展開します。「ピン」とこない「メンバー」たちをよそに、「小瀧望」だけが真顔で「なるほどな」とつぶやいたところ、「重岡大毅」が「おまえ、わかってないやろ!?」とすかさず「ツッコミ」ます。「小瀧望」は構わず「なるほどな」と「悪ノリ」を続けていたのですが、この行動が思わぬ流れを生むことになりました。

ここまでの対決で勝ち残った「桐山照史」と「重岡大毅」の直接対決で、いよいよ決着! とその時、「桐山照史」が突然「リベンジとか復活戦とかってありですか?」と持ちかけます。というのも、「ずーっと「なるほどな」って理解してる人が1人だけおる」「正解を見たい」とのことで、すでに敗者となっている「小瀧望」を指名します。予期せぬ展開に「小瀧望」は、思わず「テーブル」に突っ伏し、「ケガ」で収録に欠席した「濱田崇裕」へ、画面を通して「濱ちゃん、帰ってきて!」と要求します。自らの「悪ノリ」を後悔する姿が笑いを誘いました。




こうして最終決戦に参加することとなった「小瀧望」ですが、なぜか一つだけ用意されていた「大福」を手に取ったところ、「メンバー」からは「あいつマジか」とどよめきが。見るからにどっしりとした大福を宙に投げ、口で「キャッチ」しようとした「小瀧望」ですが、手で受け止めてしまい失敗します。「「地面に」落としてない!」「まだいける!」という「メンバー」の声に後押しされて再度挑戦するも、今度は大福が口に当たり、「ポンッ!」とまぬけな音を立てて床に落下します。これには「メンバー」も「丸山桂里奈」も大爆笑で、「重岡大毅」は「卒業証書を開ける時の音や!」と大はしゃぎしました。

ちなみに、最終的に「丸山桂里奈」の「ハート」を射止めたのは、大福で奇妙な音を出した「小瀧望」でした。「大福であんな音が出るなんて」「初めての経験だった」といたく感動する「丸山桂里奈」に対し、「桐山照史」は「やられた〜!」と悔しがっていました。

放送を見ていた「ファン」からは、「小瀧さんの音、何!? 死ぬほど面白い!」「大福でなんであんな音するん「笑」」「自分でも笑っちゃってるのんちゃん、かわいすぎ!」といった反応が寄せられました。

卒業証書を開ける時の音なんて人生に一度くらいしか耳にするかしないかの珍しい音で「丸山桂里奈」を射止める「小瀧望」の実力には唖然としますよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました