木村拓哉★中居正広の退所報告に返信せず★稲垣吾郎らの証言でキムハブ浮き彫りに

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「木村拓哉★中居正広の退所報告に返信せず★稲垣吾郎らの証言でキムハブ浮き彫りに」の事をお伝えしたいと思います。

「2月21日」の記者会見で、「3月」いっぱいでの「ジャニーズ事務所退所」を発表した「中居正広」です。会見では、「SMAP」の「元メンバー」に、「メール」で退所を報告したと明かし、「返事は半分くらい。半分くらい来ていない」などと語っていましたが、「3月2日」配信の「7.2 新しい別の窓」「AbemaTV」で、「稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾」の「3人」が、それぞれ「中居正広」との「メール」のやりとりを自ら明言しました。それにより、「木村拓哉」が返信をしていないことが明らかとなりました。かねてから「中居正広」を含めた「4人」と「木村拓哉」が対立関係にあると、さまざまな「メディア」で取り沙汰されてきましたが、「4対1」の状況には、いまだに変化がないということなのでしょうか。

「中居正広」は退社発表会見で、「報告メール」への反応について「返事が遅くてまだ来ていないメンバーもいれば、のんきな感じの返事もあって。それぞれでした。剛くんは、返事は1行くらいでした」とし、「メール」の内容は詳しく語られませんでした。

「27日」発売の「週刊文春」「文藝春秋」では、「元メンバー」の知人の証言をもとに、「4人」のうち返信をしなかったのは「木村拓哉」だと報じていました。また、「木村拓哉」だけ返信がなかったことを、「中居正広」が明言しなかったのは、彼なりの「“配慮”」とも伝えていたのです。




「中居正広」は会見後に収録した情報番組「中居正広のニュースな会」「テレビ朝日系」で、「1996年」に「SMAP」を脱退し、「ジャニーズ」を退所した「森且行」にも「メール」を送っていたこと、さらにその返信が、まさに会見中に送られてきたことを明かしています。

そのため、「中居正広」が会見で「返事は半分くらい」としたのは、「森且行」を含めた「5人中3人」という意味だったのかもしれません。ですが、今回の「新しい別の窓」の放送を踏まえると、結果的には「木村だけが返信しなかった」ことが裏付けられてしまいました。

番組では「稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾」の「3人」が、「中居正広」の会見や「ジャニーズ退所」について「トーク」を繰り広げ、全員が「メール」の返信を行ったと話していました。

一方の「木村拓哉」は、「ジャニーズ」を通じて短い「コメント」を出したのみでした。「中居正広」とはいまだに連絡を取り合っていないと聞いています。「3人」が「木村拓哉」へ「“配慮”」するのであれば、少なくとも「メール」の返信については、公に言及する必要もなかったはずです。




「SMAP」が解散した「2016年末」には、「木村拓哉」だけが不参加の「SMAP忘年会」が行われていたことも発覚しています。

「木村拓哉」不参加の理由は、諸説報じられていましたが、実際のところは「誰も声を掛けなかった」ため。この時、「木村拓哉」や「ジャニーズ関係者」らは、彼らの「“イジメ”」のような言動に呆れ果てていましたから。当時「キムハブ」とも言われていた「4:1」の対立構図は、「SMAP」解散から「3年」以上たった現在でも、ほとんど変わっていないということなのでしょう。

昨今「メディア」は、「SMAP再結成」の可能性をしきりに報じていますが、彼らが意識的、あるいは無意識に「木村拓哉」を「“ハブにしている”」状況が変わらないことには、その可能性は限りなく「ゼロ」に近いと言えるかもしれないですね。

「木村拓哉」の自分さへ良ければいい考え方が今もなお「4人」に向けてあるように思えてならないですよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました