横山裕★沢村一樹から真面目にやってよ★注意受けた訳

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「横山裕★沢村一樹から真面目にやってよ★注意受けた訳」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」の冠番組「関ジャニ∞クロニクル」「フジテレビ系、2月29日放送」に「横山裕、丸山隆平、安田章大」が登場しました。現在、「横山裕」が出演中の「ドラマ」「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」から、「沢村一樹」と「森永悠希」が「ゲスト出演」し、「丸山カーレットクラブ」「第2弾」が行われました。

「丸山カーレットクラブ」とは、「丸山隆平」が「“卓上のカーリング”」と呼ばれる「マイナースポーツ」「カーレット」で「チャンピオン」を目指そうと発起した企画で、「丸山隆平」が部長、「横山裕」が副部長として名を連ねています。「横山裕」は以前、「クロニクル」にて「ドラマ撮影が大変で痩せた」と明かしていましたが、「丸山隆平」も「横山副部長はドラマが忙しくて、カーレット熱が冷めている」と暴露します。そこで今回は、「横山裕」の「“カーレット熱”」を取り戻すべく、「丸山隆平&安田章大チーム」VS「絶対零度チーム」で対決をすることになりました。




「ルール」は「合計12投」で、最終的に「ストーン」が的の中央に近いほうが勝利となります。試合が始まると、「横山裕」の「“カーレット熱”」が戻ってきたのか、「森永悠希」に対して丁寧な指導をする姿が見られ、「敵チーム」の「安田章大」が「カーリング熱、冷めてないで!」と喜ぶ場面も見られました。

そんな中、「丸山隆平」の投げた「第9投」が「ナイスショット」となり、「丸山隆平&安田章大チーム」が優勢になります。次に「沢村一樹」の番が回ってくると、ここでも「横山裕」が投げる場所などを指示し、「絶対零度チーム」優勢へとひっくり返します。すると「丸山隆平」が「うわー、こりゃ難しいな!」と言いつつ、大きなオナラをしてしまいます。これには「番組スタッフ」も大爆笑で、「安田章大」は「丸山隆平」のお尻を叩きながら「くっせ〜!」と悶絶します。「沢村一樹」には「うらやましいな〜。俺もやってみたい!」と、羨望の眼差しを送られた「丸山隆平」でした。

第一試合は「絶対零度チーム」の勝利となり、続いて第二試合へ。引き続き、「横山裕」が真剣に監督役を務めていたところ、「沢村一樹」から「ドラマの現場でもそれくらい真面目にやってよ」と、冗談交じりの一言が飛び出します。「横山裕」は「やってますよ!」と苦笑いしたものの、「だって今の「真剣な」顔、初めて見たもん」と呆れた様子の「沢村一樹」でした。




その後、「安田章大」が「オナラ」を放出し、「丸山隆平」と「ハイタッチ」をする「カオス」な展開も。これが功を奏したのか、第二試合は「丸山隆平&安田章大チーム」が勝利しました。「1対1」で迎えた第三試合は「絶対零度チーム」が勝利し、ご褒美として「丸山カーレットクラブ」の「オリジナルTシャツ」が「プレゼント」されました。

この放送に「ネット」上では、「冷静に考えて、テレビで堂々とオナラしてハイタッチする関ジャニ∞、アイドルとしてのポテンシャルが高すぎる」「関ジャニ∞のメンバーといる時の横山さんと、ドラマの俳優陣といる時の横山さん、どっちも見られてなんかお得感あった「笑」」「沢村さんと横山さんのコンビ本当に大好き!」といった「コメント」が寄せられていました。

「横山裕」の真剣な顔を見た「沢村一樹」呆れた顔には笑ってしまいますよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました