松岡昌宏★衝撃的にうまい名店を熱く語る★大感動ぶっこいたメニュー

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「松岡昌宏★衝撃的にうまい名店を熱く語る★大感動ぶっこいたメニュー」の事をお伝えしたいと思います。

「TOKIO・松岡昌宏」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「TOKIO WALKER」「NACK5」が「3月1日」に放送され、「初めて食べてビックリしたもの」について熱く語る場面がありました。

「リスナー」から届いた「東京に出てきて驚いたことはあったか」という「メール」を紹介した「松岡昌宏」です。「北海道・札幌市」の出身で、ほとんど東京と変わらない都会から上京したこともあり、街並みにはさほど驚かなかったというのですが、東京の「“物価”」には仰天したそうです。




「松岡昌宏」は「JJ苑」と某高級焼肉店の名前を伏せつつ、「ジャニーズJr.時代」に食べた同店の「弁当」が高すぎて驚いたと告白します。今まで食べてきた焼肉弁当とまったく違ったため、「おいしい」という感想よりも、「何これ、これが焼肉なの!?」という衝撃のほうが強かったそうです。そんな話の流れから、「松岡昌宏」は思いついたように「僕が初めて食べてビックリしたものって、何個かあるんですよ。いつかお話ししようと思ってたんで」といい、さまざまな思い出とともに語り始めました。

「この間、新幹線の中で書いてたんですね。ラジオで言おうと思って」と、事前に「リストアップ」してまで話そうと思っていた「ネタ」らしく、「松岡昌宏」はまず「JJ苑」の「サラダ」がおいしかったと振り返ります。「初めて「“サラダ菜”」っていうものを口にしたんですね。そのおいしさに、びっくり仰天玉手箱ですよ!」と大絶賛します。今でも自宅に「JJ苑サラダドレッシング」を常備しているものの、「店で出されるサラダのほうがおいしい」といい、「あれは俺の中で「“罪作りサラダ”」です」と絶賛します。とにかく「JJ苑」の「サラダ」を褒めまくる「松岡昌宏」でした。

また、たまたま「ケータリング」で食べた「とらやの羊羹」も、「衝撃的にうまい!」と感じたそうです。続けて「一蘭のとんこつラーメン」についても熱弁しました。「松岡昌宏」はもともと、「とんこつラーメン」が苦手だったものの、「TOKIO」の「コンサート」で福岡県に行った際、初めて「一蘭」を訪れ、そのおいしさに感動したそうです。「当時は福岡の博多にしか一蘭がなかったから。福岡に行く楽しみって、TOKIOは「一蘭が食える」っていう。行きましたよ、メンバーみんなで。「うまいなあ~!」って」と、当時を懐かしそうに振り返っていました。




そして、「松岡昌宏」は最後の「メニュー」として、京都にある「一心鍋」を紹介しました。最近も「少年隊・東山紀之」と訪れたほどお気に入りだそうで、「俺はこれを食うためだけに京都へ行くことが、年3回ある!」とのことです。なんと、大阪で仕事があったときには、「そこの鍋が食いたいがために、京都に泊まる」のだそうです。この店は、「俳優・寺島進」に連れて行ってもらったのが始まりだったといい、「こっちでいう「“ちりとり鍋”」みたいな感じなんだけど。俺はそれしか知らなくて「なんすか、コレ!?」みたいな。それで、食った時の感動。これはヤバかったっすね~。大感動ぶっこきましたね!」と、熱っぽく語っていたのでした。

「松岡昌宏」の「グルメ談話」は「リスナー」に刺さったようで、「ネット」上では「今日の放送は「“飯テロ”」だな!」「一蘭いいよね~。私もここでとんこつラーメンのおいしさを知ったよ」「京都の一心鍋、初めて聞いた!今度行ってみたいなあ」といった反響がありました。「松岡昌宏」に衝撃を与えた「メニュー」、ぜひ食べてみたいものですね。

「松岡昌宏」の美味しい食べ物に対する執念を感じてしまいますよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました