村上信五★ジェネレーションギャップ発言にファン無反応★スタジオがシーンとした訳

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「村上信五★ジェネレーションギャップ発言にファン無反応★スタジオがシーンとした訳」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞・村上信五」と「マツコ・デラックス」が出演する「バラエティ番組」「月曜から夜ふかし」「日本テレビ系」です。「3月2日」深夜の放送では、「村上信五」が「コンサート中にファンと「“ジェネレーションギャップ”」を感じる」と明かす場面がありました。

「全国のご当地問題」の「コーナー」にて、「VTR」で「インタビュー」を受けた若者が「留守番電話にメッセージを入れられない」と言っていたのを聞き、「村上信五」が「留守電みんな使わへんの?メールで済ます?」と、「スタジオ」の観覧客に質問します。ほとんどの人がうなずくと、「マツコ・デラックス」も「留守電は私も入れないな~」と共感します。すると「村上信五」は「聞かんよね」と、連絡をもらった側からしても、留守電はあまり利用しないと理解を示していました。




この流れで、「マツコ・デラックス」が「昔だったらね、テープがあって」「ちっちゃいさあ、録音用のテレコ」などと留守電の仕組みを説明するも、観覧客が無反応だったため、話を途中で投げ出し「あたしもうやめるわ、テレビ!」と宣言します。そして「老害だもん。我慢がきかないのよ。「客がわかっていないにもかかわらず、話が」止まらない」と、落ち込んでしまいます。

すると「村上信五」も「「相手が」わかってないのに止まらないんやろ?」と同意しながら、「俺も同じことこないだやってもた!コンサートでね」と一言。なんでも「村上信五」は、現在開催中の「全国ツアー」「関ジャニ∞ 47都道府県ツアー UPDATE」にて、「マツコ・デラックス」と同じように客席を静まり返らせてしまったというのです。

昼に和歌山公演、夜に兵庫公演という「ハード」な「スケジュール」だった「2月11日、夜公演」の「MC」で、「横山裕」が「今日危なかったんですよ。何で来たと思います?」と客席の「ファン」に問いかけたそうです。すると、「ファン」からは「飛行機」「新幹線」と声が飛んだものの、「村上信五」いわく「誰もヘリって「言わなかった」」そうです。そこで、「横山裕」が「実はヘリコプターやねん!」と言ったところ、客席からは「えー!」「わー!」と驚きの声が上がったといいます。




「村上信五」は「ほんで俺も「すごいやろ、なんかB&Bの気持ちがわかったわ!」って言うてん」と、その時の状況を報告するも、「夜ふかし」の観覧客は「シーン」。すかさず「村上信五」は「「コンサート会場も」こんな感じやったわ!」と自虐気味に言い放ち、「ファン」との間に感じる「ジェネレーションギャップ」を嘆いていました。

「2月19日」放送の「関ジャニ∞のジャニ勉」「関西テレビ」では、ふだんの「ヘリコプター移動」に密着した映像が流され、「ファン」の間で話題になりました。「メンバー」の「安田章大、大倉忠義」が怖がる中、「村上信五」は「今度からみんなヘリ移動にしようや!」と、ご機嫌な様子を見せていました。「ヘリ移動」で「“売れっ子スター”」気分を味わい、昭和の「人気漫才コンビ」「B&B」を引き合いに出したのだろう「村上信五」です。ですが結果的に、二度も客席を「シラケ」させてしまったのでした。

30代の「村上信五」が昭和の「人気漫才コンビ」「B&B」の存在を知っていることに驚いてしまいますよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました