道枝駿佑★メンバー愛が炸裂★感動した&グッズにお願いします★ファン歓喜

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「道枝駿佑★メンバー愛が炸裂★感動した&グッズにお願いします★ファン歓喜」の事をお伝えしたいと思います。

関西地方で放送されている夕方の「報道・情報番組」「キャスト」「朝日放送」に、「水曜レギュラー」として出演している「関西ジャニーズJr.内ユニット」「なにわ男子」です。「メンバー7人」の中から週替わりで「2人」が「ロケ」に出て、関西のさまざまな仕事に体当たりで「チャレンジ」する「コーナー」「なにわの仕事を学びまSHOW」を担当しています。




「3月4日」の放送回は、「道枝駿佑」と「西畑大吾」が「京菓子作り」の仕事に挑戦しました。今回「2人」が訪れたのは、「京都・下京区」にある「1803年」創業の老舗和菓子店「亀屋良長」でした。江戸時代以前、宮中に菓子を献上する「5軒」の「“亀屋”」と「2軒」の「“鶴屋”」があったといい、そこから「いいかげんな商品は作らない」というお客様に対する宣言として、自信のあるお店が「“亀屋”」や「“鶴屋”」を名乗るようになったとのことです。江戸時代、砂糖はとても貴重なものとされており、「亀屋良長」はそんな砂糖を扱うことができる上菓子屋の「1軒」だったといいます。店主によると現在の砂糖は「1キロ200円」くらいとのことですが、ここで「2人」に「江戸時代はいくらしたと思いますか?」という「クイズ」が出題されます。すると「道枝駿佑」が「1万円くらい」と答え、これがなんと正解します。「西畑大吾」に「当てたらあかんやんか~」と「ツッコ」まれ、苦笑いする場面もありました。

「目で見て楽しみ」「耳で菓子の銘を聞き」「鼻で香りを楽しみ」「舌で食感と味を楽しむ」といったように「“五感”」で楽しむ京菓子です。「2人」は「亀屋良長」の代表銘菓「烏羽玉」や、季節の和菓子「いちご摘み」を試食し、「新食感やね!令和って感じがする」「口に入れた瞬間、舌触りがよくておいしい!」「どうやって作るの?全然想像つかない!」と、その美しさと味に大感動します。まさに「“五感”」で堪能していました。

そしていよいよ「2人」は「京菓子作り」に挑戦することになりますが、挑戦前に「西畑大吾」から「亀屋良長さんで出せるようなものを考案したい!」という宣言が。「スタッフ」から「出せるようなもの?」と聞き返されると、「西畑大吾」は「そらそうでしょ!ただ単に作るだけやったら意味がない!」と強気の発言です。「道枝駿佑」も「出すつもりでいかないと!」と気合十分です。




その後、和菓子作りの基礎を学び、悪戦苦闘しながらも、春らしい「オリジナル」の和菓子を完成させます。「道枝駿佑」が作ったのは、「なにわ男子」の「メンバーカラー7色」で作った桜の花びらをあしらった、その名も「春先のなにわ男子」です。「道枝駿佑」いわく、春に開催される「東京・両国国技館」での「コンサート」「なにわ男子 NANIWA DANSHI LIVE 2020 Shall we #AOHARU?」に向けての「意気込み的な感じの和菓子」だそうです。一方、「西畑大吾」は、春といえば花粉症の「イメージ」だといい、杉の木と顕微鏡でのぞいた花粉を表現した「花粉の舞」という名の和菓子を作り上げます。店主から「大きな視点と小さな視点の発想が独創的」と評価されると、「西畑大吾」は「独創的な発想がほしい時は、ぜひ西畑に聞いていただければ」といい、調子に乗った発言で「ロケ」は締めくくられました。

この日の放送に「ファン」からは「花粉という発想に笑った!」「ぜひコンサートグッズにお願いします」「和菓子からもメンバー愛が伝わってきて感動した」といった声が寄せられました。

「グループ」にとって一番大事な「メンバー愛」を感じてしまう「道重駿佑」の発言には「ファン」も感動しますよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました