千賀健永★主題歌になればいいな&意味を深く理解したい★王国の蝶への思いを告白

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「千賀健永★主題歌になればいいな&意味を深く理解したい★王国の蝶への思いを告白」の事をお伝えしたいと思います。

「Kis-My-Ft2 キスマイRadio」「文化放送」が「3月4日」深夜に放送されました。先週から、同月「25日」に発売する「9作目」の「オリジナルアルバム」「To-y2」通常盤に収録されている「ユニット曲」にちなみ、「ユニットコンビ」が出演していますが、今回は「第2弾」として「王国の蝶」を歌う、「Kis-My-Ft2・横尾渉」と「千賀健永」が登場しました。




「横尾渉」と「千賀健永」といえば、芸能人の隠れた才能を査定し、「ランキング形式」で発表する「プレバト!!」「TBS系」の「俳句の才能査定ランキング」で、共に「“名人”」の称号を獲得しています。そのため、「王国の蝶」は、俳句を取り入れた「俳歌」になっているといいます。

「横尾渉」は「本当だったら北山「宏光」さんも「ユニットに」入れたいところなんですが」と、「同コーナー」に出演する「北山宏光」に気を使ったようですが、「まだ「名人の下の」「“特待生”」なんでね。今回は名人の我々2人が先に歌ってしまおう」と、「2人」で歌うことになった経緯を明かしました。「千賀健永」は「「プレバト!!」の主題歌になればいいな、という思いを込めて」と語り、作詞者について、「同コーナー」で俳句の査定を担当する「俳人・夏井いつき先生」であると言及します。「横尾渉」いわく「歌詞っていうんですか。これはもう「“句”」」だといいます。

そこで「横尾渉」が「好きな歌詞とかありますか?」と尋ねると、「千賀健永」は「全部がいい」と返答します。これに「横尾渉」も「さすが、先生ですよね」と同調し、「千賀健永」は「もっと意味を深く理解したい。多分、僕たちが理解していない深い部分もある」と語ります。特に「横尾渉」は「飛ぶのは痛い 蝶の羽」という歌詞に疑問を抱いているようで、あらためて「夏井いつき先生」に意味を聞きたいと話していました。




また、「4月10日」から「スタート」する「コンサートツアー」「Kis-My-Ft2 LIVE TOUR 2020 To-y2」では、「おそらく和風」「テイスト」の演出になるといい、「「プレバト!!」っぽさも出したい」と明かす場面も。

その後、番組内で「王国の蝶」が初解禁されると、「ネット」上では「とってもかっこいい曲!ライブでのパフォーマンスが楽しみ」「「プレバト!!」で使われるのが想像できる」「本当に主題歌に選ばれてほしいな~」といった声が集まりました。

「千賀健永」が熱き気持を持ち続ければ主題歌に選ばれる時が来るのかも知れないですね。





Pocket

タイトルとURLをコピーしました