櫻井翔★小学生時代の母親とのエピソードを告白★子どもっぽくてかわいいと

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「櫻井翔★小学生時代の母親とのエピソードを告白★子どもっぽくてかわいいと」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐」の冠番組「VS嵐」「フジテレビ系」が「3月5日」に放送され、この日の対戦相手は、映画「仮面病棟」の「出演者チーム」でした。「嵐チーム」に加わる「プラスワンゲスト」には、「お笑い芸人・出川哲朗」と「ロッチ」の「中岡創一」が登場しました。




この日の「ラストゲーム」「ボンバーストライカー」を行う前、「仮面病棟」にちなみ、それぞれが「“病院”」「エピソード」を披露することになります。まず、「二宮和也」が「手術を生で見たことがあります。心臓の」と、心臓外科手術を見たという「超レア」な体験を告白します。「2018年4月期」に放送された自身の「主演ドラマ」「ブラックペアン」「TBS系」の役作りのために、「病院側に了承を得て、執刀医の人の隣で見たことがあります」といいます。のぞき込むように心臓を見たそうですが、「でも俺、全然大丈夫だった」と、特に「ショック」を受けなかったとあっけらかんと話し、「松本潤」は「俺は絶対無理だな。血を見たら倒れちゃう」と「二宮和也」の「タフ」さに驚いた様子でした。

また、「櫻井翔」は「小学校3年生くらいだったかな」と切り出し、手に数カ所「イボ」ができた際の出来事を語りました。「イボ」は、液体窒素で焼く治療法が一般的ですが、「櫻井翔」も例に漏れず「ドライアイスで焼くのよ、ジューって」と告白します。なおこれは「めちゃめちゃ痛い」ものだったそうで、数週間にわたる治療中、「だんだん耐えられなくなるのよ」と痛みに負けそうになったといいます。




ですが、付き添ってくれた「櫻井翔」の母は、「1回目」の治療が終わった後、「帰りにチーズバーガー買ってあげるからね」と励ましてくれ、「櫻井翔」は「チーズバーガー!」と絶叫しながら治療に耐えたとのことです。その後も「ちょっともう無理かもしれない」と心が折れそうになる「タイミング」で、母は「ポテトもつけましょう!」と食べ物で釣り、「櫻井翔」はなんとか治療を乗り切ったそうです。自身の単純な性格を振り返り、苦笑いする「櫻井翔」に対し、「二宮和也」も「小3だからできる技だよね」といって笑っていました。

この日の放送に視聴者からは、「翔くんの子どもっぽいエピソードがかわいすぎる」「心臓を見ても動じないニノ、さすがだな」「役作りとはいえ、生の手術見ようとする姿勢が偉い」といった声が集まりました。

「櫻井翔」の性格を知り尽くした母親のご褒美攻撃には納得してしまいますよね。





Pocket

タイトルとURLをコピーしました