二階堂高嗣★藤ヶ谷太輔びいきに猛抗議★説明してもらおうかと詰め寄った訳

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「二階堂高嗣★藤ヶ谷太輔びいきに猛抗議★説明してもらおうかと詰め寄った訳」の事をお伝えしたいと思います。

「Kis-My-Ft2」の冠番組「キスマイ超BUSAIKU!?」「フジテレビ系」が「3月5日」深夜に放送されました。この日は「お笑いコンビ・オアシズ」の「大久保佳代子、女優・真飛聖、タレント・伊藤愛真」を「ゲスト審査員」に迎え、「別れ話をしたら人前で泣かれた時」の対応に「チャレンジ」することとなりました。




この日、最高得点を記録したのは、「1位」常連の「藤ヶ谷太輔」でした。彼女を「カフェ」に呼び出し、「大事な話があるんだけど」「別れよう」と切り出すと、彼女が泣きだしてしまいます。「藤ヶ谷大輔」は、涙を流す彼女に「ティッシュ」を差しだし、「違う場所の方がいいかな。お互いが納得するまで話し合いたいからさ」と優しく諭すというものでした。

「藤ヶ谷大輔」の総合得点は「94点」と高得点でしたが、これに「おかしい!」と異を唱えたのは「二階堂高嗣」でした。実は「二階堂高嗣、藤ヶ谷大輔」の直前に挑戦しており、「藤ヶ谷大輔」と同じように「ごめん、外でこんな話しちゃって。一回、家に行こうか。家で一回話そうか」と対応したものの、総合得点は「50点」でした。「ゲスト審査員」の評価も低かったことから「「理由を」どう違うのか説明してもらおうか?」と猛抗議をしていましたが、「大久保佳代子」は「家ですよ」と場所を指摘します。未練がある女性を家に連れ込むことで、「チャンス」がまだあると誤解させてしまう可能性があると説明し、これに「二階堂高嗣」は渋々ながらも納得し、引き下がっていました。




また、「横尾渉」は泣いてしまった彼女に「ごめん」と言い残し、その場から去るという最低な行動で総合得点は「28点」でした。一方、最下位常連の「玉森裕太」は、泣く彼女を「ウソ。ウソです。ウソぴょーん」とふざけながら落ち着かせ、「でも大事な話があるっちゃあるから、家に帰ってあらためて話さない?」と伝えるというものでした。どんなに明るく振る舞っても、家で別れ話をすることになるため、総合得点は「15点」になります。この日も最下位となってしまいました。「玉森裕太」の行動に、「大久保佳代子」は「ノーコメント」と意見を言うことも放棄します。「玉森裕太」に好意的だった「真飛聖」も「ウソぴょんはない」と断罪し、「スタジオ」には微妙な空気が流れました。

この日の放送に、視聴者からは、「藤ヶ谷くんは絶対に恋愛上級者」「二階堂くん、いつも藤ヶ谷くんに噛みついているイメージある」「冗談で和ませる玉ちゃんに、優しさを感じる」といった声が集まりました。

「二階堂高嗣」が猛抗議をしたところで「ゲスト審査員」の説得力のある説明には敵わないですよね。





Pocket

タイトルとURLをコピーしました