平野紫耀★リードクライミングロケでリベンジ宣言★感動した&待ってると反響

ジャニーズ
Pocket

おはようございます。
今日は「平野紫耀★リードクライミングロケでリベンジ宣言★感動した&待ってると反響」の事をお伝えしたいと思います。

今年開催の「東京オリンピック・パラリンピック」に向け、朝の情報番組「ZIP!」「日本テレビ系」で放送中の「King&Prince」の「MEDAL RUSH」です。「3月2~6日」は、「東京オリンピック」の候補選手を指導する「宮澤克明コーチ指導」のもと、「平野紫耀」が「スポーツクライミング」の「リードクライミング」に挑戦しました。

「リードクライミング」とは、「高さ12メートル」以上の壁を「制限時間6分間」で、どこまで登れるかを競う競技です。昨年「4月」に「平野紫耀」は「同コーナー」で「“瞬発力”」が必要な「ボルダリング」に挑戦していますが、これに対し「リードクライミング」は「“持久力”」が必要だといいます。さらに、「公式ルー」ルには「選手「クライマー」たちが自分で命綱をひっかけながら登る」というものがあり、一歩間違えれば落下して死亡する可能性があるため、今回は「“ハーネス”」と呼ばれる安全帯と命綱をあらかじめつけた状態で挑戦しました。




まずは、「制限時間6分」で緑色の「ホールド」「石」だけをつかみ、「8メートル」の高さの「ゴール」を目指すことになりました。経験者とあって、「5メートル付近」まで登れましたが、「スタミナ切れ」により落下してしまいます。「宮澤克明コーチ」は「平野紫耀」を「上半身の力はあるなと思いました」と褒めるものの、「ただクライミングは脚なので」と、腕で体を引き寄せるのではなく、脚全体で体を支えて登ることが大切だと説明しました。

そこで、体力を消耗しない登り方を教えてもらうと、「平野紫耀」はすぐに習得し「うわ、すげぇラク!」と感動します。同じ条件で「8メートル」の高さに再挑戦すると、適度に腕を休ませながら登り続け、「残り時間10秒」で「ゴール」しました。ただ、「ロープ」で降ろされてくる「平野紫耀」は、救助されているかのようで、「宮澤克明コーチ」から「降りてくる体勢が「“運ばれてくる人”」」と「ツッコ」まれていました。

続いて「平野紫耀」は、公式戦の高さに近い「11メートル」に挑戦します。そこで、より遠くの「ホールド」に手が届くように、膝を内側に曲げて体をひねる「ドロップニー」という技を伝授してもらいます。地上でその「ポーズ」を取った際、「なるほど。非常口みたいな」と非常口の「マーク」に似ていると発言し、「スタッフ」の笑いを誘う場面も。早速、「ドロップニー」を試した「平野紫耀」は、「うわ。ブンブン行けちゃう」「ドロップニー大好き!」とすっかりお気に入りの様子でした。




最終日は、「制限時間6分」で「11メートル」の高さに挑戦した「平野紫耀」です。練習時間を含め、「3時間」登り続けている「平野紫耀」は「うわぁ、きつい」と、すでに腕と脚は限界寸前です。それでも上を目指し、残り時間が「1分」の段階で「8メートル30センチ」に到着しましたが、ここであえなく落下してしまいます。「ゴール」できずに終わったのが相当悔しかったようで、「平野紫耀」は「これはちょっと悔しすぎたんでリベンジしたいですね。やります!」と誓いました。

この放送に「ネット」上では「一生懸命ゴールを目指す姿に感動した!」「短時間でここまで上達するってすごい!」「リベンジを楽しみに待ってる」などの声が集まりました。

「リベンジ宣言」することにより自分を追い込んでいく「平野紫耀」の姿が「カッコ」よく見えましたよね。





Pocket

タイトルとURLをコピーしました