二宮和也★一撃で殺してと要求★ニノさんで物騒発言の訳

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「二宮和也★一撃で殺してと要求★ニノさんで物騒発言の訳」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐・二宮和也」の「冠バラエティ」「ニノさん」「日本テレビ系」が「3月8日」に放送され、「お笑いコンビ・ピース」の「又吉直樹、俳優・横山流星、SHOWROOM株式会社代表・前田裕二氏」、「モデル」で「タレント」の「生見愛瑠」が登場しました。先週に引き続き、「二宮和也presentsジブンシアター」が行われました。




この企画は、「一般人が歩んできた人生史を、一流の芸人やアーティストが代わりに表現する」という内容の、「新感覚エンタメショー」です。「「“元ヤンキー”」が死ぬ気で勉強してハワイの名門大学に合格した」という逆転人生を、「お笑いコンビ・タイムマシーン3号」が漫才で紹介したり、「専業主婦から年収1億円の不動産クイーンになった」女性の人生を、「シンガーソングライター・眉村ちあき」が歌で表現したりと、「合計4組」の人生が紹介されました。

そんな中、番組の終盤では、「お笑い芸人・AMEMIYA」と「眉村ちあき」の「2人」が「二宮和也ヒストリーソング」を「サプライズ」で歌う展開になります。ですが、「2人」の息が合わないため、なかなか歌が始まらず、微妙な空気が流れてしまいます。「二宮和也」は「俺がスベッたみたいになっちゃうから!」と、慌ててしまいました。

幼少期から「ゲーム好き」の野球少年だった「二宮和也」は、「13歳」で「ジャニーズ事務所」に入所します。「二宮和也」は「野球の試合がある」という理由で「オーディション」へ行くことを渋っていましたが、お小遣いをもらって「オーディション」を受けたといいます。さらに、「20歳」の誕生日は「ゲーム」に夢中で気づかなかったこと、「21歳」の時に夢を聞かれて「プロ野球選手」と答えたこと、「アイドル」なのに内臓脂肪がついておなかが出ていることなどが、歌にのせて続々と明かされていくと、苦笑いの「二宮和也」でした。




最後は「心からファンを、嵐を思っているニノ 現在やっと筋トレ始めました」という歌詞で締めくくられ、「AMEMIYA」が「以上です。ニノのヒストリーはこれで全部です」と断言します。これに「二宮和也」は「ガックリ」と肩を落とし、「一番短いし」と「ポツリ」。ほかの出演者の歴史と比べて、自身の紹介が「ダントツ」で短かったため「もうホント これほどね、「一撃で殺してくれ」と思ったことないよ」と、終始恥ずかしそうにする「二宮和也」でした。

また、番組の「エンディング」では、「30分番組」だった「ニノさん」が、「4月5日」の放送から「1時間」番組になるとの発表もありました。「ファン」からは「時間拡大おめでとうございます!ニノちゃんの頑張りがこうして形になるのはうれしいね」「二宮くんのファンじゃなくても楽しめるバラエティだから、これをきっかけにたくさんの人が見てくれるといいな」「「ニノさん」が1時間に拡大されて、日曜日の幸福度が一気に上がった!」など、喜びの声が多数寄せられていました。

「AMEMIYA」に「二宮和也」の弱点を全て歌詞にされたことにより心理的に追い込まれてしまいましたよね。





Pocket

タイトルとURLをコピーしました