伊野尾慧★怖すぎるだろと恐怖した★いたジャン出演者の一言とは

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「伊野尾慧★怖すぎるだろと恐怖した★いたジャン出演者の一言とは」の事をお伝えしたいと思います。

「Hey!Say!JUMP」の冠番組「いただきハイジャンプ」「フジテレビ系」が「3月7日」に放送され、「メンバー全員」が登場しました。社会人が直面しがちな「こんな時どうすればいいの?」という状況に、「“大人な行動”」で対応できるか確かめる、「大人力検定」という企画が行われました。「メンバー」の即興演技を見て、「マナー講師」の「平林都先生」が対応を「ジャッジ」します。

「彼女と実家に行き、頑固な父親に結婚を認めてもらう時、どうすればいいか?」というお題には、「伊野尾慧」が挑戦することになりました。指名されて少し驚いた様子の「伊野尾慧」は、なぜか「平林都先生」に「ヤキモチ妬くなよ!」と一言。「平林都先生」から「誰が妬くか!」と厳しく返されてしまいました。




茶の間に通された「伊野尾慧」は、座布団の上に正座をしながら、彼女と彼女の母親とともに頑固な父親を待ちます。茶の間に父親が登場すると、「伊野尾慧」は立ち上がって「お義父様、はじめまして」と挨拶するも、父親に「君は上座と下座って知ってるか?」と言われ、「チャレンジ終了」となります。本来、彼女の両親が座るはずの「“上座”」に「伊野尾慧」がいたため、早々に「NG」が出てしまったのです。「伊野尾慧」は父親の物言いに、「怖すぎ 怖すぎるだろ」と「タジタジ」のまま終了となりました。

続いて、同じ「シチュエーション」に「山田涼介」が挑戦しました。父親が登場後、母親に職業を聞かれた「山田涼介」は「一応、テレビに出る仕事をさせてもらってまして。まあ~、一応芸能人です!」と、照れながら自己紹介します。付き合っている期間を聞かれて「今、私が26歳なんですけれども。19年目になりますかね」と「ボケ」つつも、結婚の申し込みをしますが、あえなく「NG」となります。ですが、「山田涼介」は「もしかして結婚の話をする時、座布団から降りないといけない?」と気づき、先生から「おー、すごい!」と正解の反応が。どうやら、緊張のために肝心なことを忘れてしまったようです。

最後に挑戦したのは、前回の同企画で圧倒的な演技力を見せ、「平林都先生」を唸らせた「中島裕翔」でした。母親に「芸能人はモテるし、女遊びの一つや二つ、芸の肥やしだって」と振られると、「中島裕翔」は「それは昔の時代だと、僕は思っています」と「キッパリ否定」し、「今はそんなことしなくても、例えばお芝居ですとか 想像力でなんとかなります!」と「コメント」しました。




その後、真面目な顔で結婚を申し込むと、父親から「君は本当に、娘を幸せにできるのか?」と問いかけが。「中島裕翔」はすぐに「はい、もちろんです。何があってもセイコさん「彼女」のことは守りたいと思っています」「芸能界を辞めても守るつもりです」など、誠実に返答しました。その演技力に「平林都先生」と「メンバー」は「ドラマ見てるみたい」と引き込まれ、結果はもちろん合格となりました。「平林都先生」いわく、「両親を不安にさせる言動をするとNGになる」とのことでした。

この放送に「ネット」上では、「裕翔くんがかっこよすぎ!あの場面だけバラエティじゃなくてドラマだった「笑」」「裕翔さん、イケメンすぎん!? 演技力も素晴らしいし最高~!」「「いたジャン」見ててこんなに感動するとは思わなかった 裕翔くん本当にすごい!」といった「コメント」が寄せられていました。

将来「伊野尾慧」が彼女の父親に挨拶に行った時には同じ失敗をしないようにしたいですよね。





Pocket

タイトルとURLをコピーしました