二宮和也★ジャニーズJr.に札束ばら撒き★ドン引き&さすが&賛否両論

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「二宮和也★ジャニーズJr.に札束ばら撒き★ドン引き&さすが&賛否両論」の事をお伝えしたいと思います。

「テレビ」などで「お金が大好き」と話すなど、「ファン」以外にも「“ケチキャラ”」の「イメージ」が定着している「嵐・二宮和也」です。洋服類に興味がなく、「財布は持ち歩かない」「いつも同じ服を着てる」といった「エピソード」は「ファン」の間で有名ですが、「ジャニーズ」の後輩の前では「“札束”」を「チラ」つかせる場面もあるようです。「嵐」の「バックダンサー」を務めた経験のある「ジャニーズJr.内ユニット・宇宙Sixメンバー」が語った「エピソード」に対し、「ネット」上で「ニノらしくて笑える」「人としてどうなの!?」と、両極端の反応が出ています。




「宇宙Six」は、「3月8日」放送の「情報バラエティ」「日曜はカラフル!!」「TOKYO MX」に「ゲスト出演」しました。「Jr.」は先輩から「お年玉がもらえる」という「エピソード」に言及する中、「原嘉孝」が「二宮くんは、札束をこう持って「とってけ」って」「「“とってけスタイル”」です」と明かしながら、お札を上からばら撒く様子を再現していました。これに、「山本亮太」が「「とってけ」って言った後に数えてみたら、ちゃんとピッタリの人数「分の枚数があった」」と続けて説明しました。照れ隠しなのか、お年玉袋に入れるのが面倒だったのかどうかは定かではないものの、「二宮和也」はかなり斬新な方法でお年玉を渡していたそうです。

この「トーク」を受け、「嵐ファン」の間では「お年玉の渡し方、ニノらしくて好き」「破天荒なのに、ちゃんと人数分あるのもニノちゃんらしい」「お年玉までエンターテインメントにしちゃうのは、さすが」と好意的な「コメント」が出ています。

ですが、一部の「アンチ」などからは「その渡し方、どうなの?話聞いているだけでも気分が悪かった」「札束ばら撒いて後輩に「とってけ」って。調子乗ってる。マジで引いた」「人としてヤバくない?その投げたお金は、ファンが頑張って稼いで二宮に使ったお金でもある」「お金をばら撒くというエピソード、本当に引くし理解できない。人を小馬鹿にしてる感じが否めない」「面白いと思ってやってるの?照れ隠しだとしてもドン引き」「面白いとか言ってる人たち、大丈夫?人としてあり得ないことしてるのに」と、否定的な声が噴出しました。ですが対照的に、「こうやってちゃんと後輩たちのエピソードトークになってる」と、番組で語ることのできる「“ネタ”」になっていると、「二宮和也」の優しさに感動する「ファン」もいたようです。




一方で、同じ「嵐メンバー」でも、「櫻井翔」は後輩への配慮を忘れず、丁寧な渡し方をしていたそうです。「1月4日」に行われた「コンサート」の取材会で、同月に「CDデビュー」を果たした「SixTONES・京本大我」が「ポチ袋の後ろに直筆で「櫻井翔 デビューおめでとう!」って一人ひとりの名前付きで書いていただいた」と、述べていました。「同時デビュー」の「Snow Manメンバー」も、「ラジオ番組」「Snow Manの素のまんま」「文化放送、1月9日放送」内で、「櫻井翔」にもらった「ポチ袋」には「全員分の名前と「デビューおめでとう」って書いてあって」「佐久間大介」とうれしそうに、報告しました。「櫻井翔」といえば、昨年末は「NHK紅白歌合戦」の白組司会を務めただけに、「櫻井くんなんて、ものスゴい忙しかったじゃないですか」「深澤辰哉」と、多忙の合間を縫って「メッセージ」を書いていたことに感激していました。

「原嘉孝」の言う「とってけスタイル」には、「二宮和也」なりの愛情が隠されているのかもしれませんが、くれぐれも後輩は真似をせず、「“櫻井スタイル”」を見習ってほしいものですね。

後輩との良い関係が築けているからこその行為だとは思いますが、印象的には良くないでしょうね。









Pocket

タイトルとURLをコピーしました