堂本剛★M-1ブレーク中ぺこぱ★キンキファン&うれしいです&しみじみ

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「堂本剛★M-1ブレーク中ぺこぱ★キンキファン&うれしいです&しみじみ」の事をお伝えしたいと思います。

「KinKi Kids」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「KinKi Kidsどんなもんヤ!」「文化放送」が「3月9日」深夜に放送され、この日は「堂本剛」が登場しました。

番組冒頭、「M-1グランプリ2019」「テレビ朝日系」で「ファイナリスト」となり、「大ブレーク」した「お笑いコンビ・ぺこぱ」の話題になりました。「リスナー」から「ぺこぱのボケ担当・シュウペイさんはKinKi Kidsファンで、「M-1」当日の朝に「硝子の少年」「1997年」を聞いていたそうです。東京のコンサートにも行ったそうです」という「メッセージ」が寄せられると、「堂本剛」は「もともとぺこぱさんは、ああいうスタイルじゃないところから始まってたりとか。お笑い好きなので、いろいろ見させてもらってるので。もちろん拝見というか、よく知ってました」と、「M-1」以前から「ぺこぱ」を知っていたと明かします。




「M-1」「ファイナリスト」として「ぺこぱ」の名前を見た際、「堂本剛」は「お、ぺこぱ入ってるやん!」とうれしくなったそうです。「ネタ」を見た感想としては、「初めてぺこぱを体験する人たちからすると、「えっ、何かな?」と一瞬思いつつも、結果どんどん笑ってしまった」と、誰しもが「ぺこぱ」の独特な笑いに引き込まれていくのだと絶賛しました。

さらに、「これもしかしたら「優勝」とか思いましたけど、かまいたちにいってほしいなって。かまいたちもずっと好きでね。「かまいたち、いけー!」ってことも、ずっと思ってたりしましたけど、ミルクボーイ「が優勝」」と「他コンビ」にも言及しました。「ミルクボーイ」については「やっぱり「“コーンフレーク”」って言い方がおもろかったよなあ~。ちょっといろいろ、クスッてしてしまったなっていうのはあったりとか」と、思わず笑ってしまうような「ネタ」だったと振り返っていました。

また、「堂本剛」は「音楽業界でもそうですけど、「“どベタ”」が結果「いい」ってされてたりするねんけど、なんか変化球も「いい」とされる時があるから」と、お笑いと音楽に共通点を感じている様子です。「やっぱりこうやって、チャレンジしている人たちの姿を見ながら刺激をもらってっていうところで、僕も頑張って音楽作ろうってやってますからね」といい、お笑いが自身の原動力になっていることも明かしました。




最後に「堂本剛」は、「ちょっとぺこぱのシュウペイさんが「硝子の少年」聞いてくれてたっていう話だけでうれしいです。僕がお力添えできてる瞬間があるんだな、って思うと。これからもいっぱい聞いてください」と「メッセージ」を送ったのでした。

放送後、「シュウペイ」は自身の「Twitter」で「えっ!! 嘘でしょ!! マジ!! アジでぇ!! それ決定的!? KinKi Kidsの剛くんがラジオで僕のこと話してくれたの? マジ!? それ本当に決定的!? ラジオ聞かなきゃ 嬉しすぎて泣きそう ダーット!!」と大興奮しました。こうしたやりとりもあって、「KinKi Kids・ぺこぱ」双方の「ファン」から「こんな形でつながるとは!ぜひ共演してほしい!」「なんだかこっちまでうれしくなるなあ。キンキとぺこぱの共演を待ってる!」「KinKi Kidsもぺこぱも好きな自分としては、今日のラジオは神回!」といった声が上がっていました。

「堂本剛&ぺこぱ」の相思相愛が「ファン」にとっても幸せな気持ちになっているようですね。











Pocket

タイトルとURLをコピーしました