安田章大★気絶するまで飲む★異常な酒グセ告白に怖すぎる&心配&ファン騒然

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「安田章大★気絶するまで飲む★異常な酒グセ告白に怖すぎる&心配&ファン騒然」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」の冠番組「関ジャニ∞のジャニ勉」「関西テレビ」が、「3月11日」深夜に放送されました。「ゲスト」に、「俳優・相島一之」と「フリーアナウンサー・宇賀なつみ」を迎え「トーク」を展開しました。




「元テレビ朝日」の「アナウンサー・宇賀なつみ」は、「2019年」に退社し「フリー」として仕事を再開しましたが、事務所には所属せず、仕事の「受注、ギャラ交渉、経理関係」も全て自分でこなしているといいます。ここで「村上信五」が「こんなん言うたらあれやけど」と前置きし、「「この番組は」関西のローカルの深夜やで!」と「ギャラ」の安さを自虐しながら、「ジャニ勉」出演にあたり金額交渉はどうしたのかと質問をぶつけます。すると「宇賀なつみ」は、「最初いただいた金額がちょっと安めだったんで」とぶっちゃけます。笑顔を見せながら「最終的にはいいところに」と続け、しっかり交渉に成功したことを告白しました。

これまでもたびたび話題になってきた「ジャニ勉」の「ギャラ問題」です。「村上信五」は「Jr.の頃から育てていただいているから、恩返しに」という理由で、出演料が十数年間据え置きであることを話すと、「大倉忠義」からは「晩ごはん食べたら終わるね」とその安さを暗に表現し、笑いを誘いました。

また、かなりの酒好きだという「宇賀なつみ」が、人と飲みに行くと最後まで付き合いたくなるため、帰る「タイミング」がわからなくなると話すと、「丸山隆平」も同じ悩みを持っていることが判明します。ですが、「みんなが「帰ろう」って空気になったら帰ります」と言う「宇賀なつみ」とは対照的に、どうやら「丸山隆平」はそういう空気になっても帰らない「タイプ」なのだそうです。「帰る空気ならへんねんなあ」と「トボ」ける「丸山隆平」に、「周りが気つかってんねん!」と一斉に「ツッコミ」が入ると、さらに「でも気づいたら1人になってる」と続け、結局は置いて行かれていることが明らかになります。「メンバー」も「逃げられてるやん!」と「丸山隆平」の情けなさに大笑いしていました。




さらに、お酒にまつわる話は続き、「安田章大」の酒好き「エピソード」に発展します。「安田章大」は、家で朝起きてすぐに飲み始め、「気絶するまで飲む」という少々危なっかしい休日の過ごし方を明かしました。これには「大倉忠義」も「ヤバイ、ほんとに」と、顔をしかめます。さらに、「大倉忠義」によると、ある日呼ばれて家に行った際に、「安田章大」が部屋で炭火焼きをしていたのだそうです。「自分で串打ちして「酒のつまみを作っている」」という「安田章大」に、「スタジオ」は大いに驚いていました。

この日の放送に、「ネット」上では「気絶するまで飲む」という「安田章大」について、「本気で心配なんだけど」「飲みすぎには気をつけて」「怖い怖い怖すぎる 酒豪がすぎるでしょ!?」といった、心配の声が多く寄せられました。

「安田章大」の後先考えない飲みっぷりには「ファン」も不安を覚えたようですね。











Pocket

タイトルとURLをコピーしました