キンプリ★カレンダー11万部超え大ヒット★冠番組内定報道

ジャニーズ
Pocket

おはようございます。
今日は「キンプリ★カレンダー11万部超え大ヒット★冠番組内定報道」の事をお伝えしたいと思います。

「3月6日」に発売された「King&Prince カレンダー 2020.4→2021.3 Johnnys’ Official」「新潮社」が、「オリコン週間グッズ・マルチメディアランキング」で首位に初登場しました。「11.8万部」を売り上げ、「2019年度」の「King&Prince カレンダー 2019.4→2020.3 Johnnys’ Official」の「7.7万部」を上回る「好スタート」を切りました。「グループ」が着実に人気を獲得する一方で、病気療養のため活動休止中の「岩橋玄樹」の「ファン」は、複雑な思いを抱えているようです。




 「メンバー」が表紙を飾った雑誌が重版になる「ケース」も多い「キンプリ」です。彼らが表紙を務める「anan特別編集 創刊50周年記念特別号スペシャルエディション」「3月4日発売」は「週間3.8万部」を記録し、「同16日付」の「最新オリコン週間BOOKランキング」「集計期間は2日~8日」で「1位」になりました。「King&Prince カレンダー 2020.4→2021.3 Johnnys’ Official」は、同週の「週間グッズ・マルチメディアランキング」で「トップ」に輝いたため、発売日からおよそ「3日間」で「11万部」を突破したことになります。

 そんな「キンプリ」は、「ファン」が喜ぶような報道が出たばかりです。「12日発売」の「女性セブン」「小学館」によると、「ゴールデン帯のバラエティー番組が内定した」との情報が、業界内に伝わっているといいます。「まだ企画を詰めている段階で、発表はまだ先」とのことですが、記事を受けて「ファン」は「キンプリの初冠番組がゴールデンって最高」「キンプリ、冠番組内定したのね。それだけ需要あるんだな」と、早くも色めき立っています。

ですが、「岩橋玄樹」の復帰を待ち望む「ファン」は、手放しで喜べないでしょう。彼は「デビュー半年後」の「2018年11月、パニック障害」を患っていることを告白し、治療に専念するべく、休養に入りました。「翌年2月」には、「3rdシングル」「君を待ってる」をもって、一部の活動を再開すると発表しました。ところが、「岩橋玄樹」の体調が不安定になってしまい、復帰は見送りになります。以降、「キンプリ」は「5人体制」で活動を続けています。「岩橋玄樹」が不在の中、「グループ」の顔である「平野紫耀」を筆頭に、個々が「ブレーク」している現状に対し、もどかしさを感じる「ファン」も少なくないようです。




 実際に、「ネット」上の「岩橋玄樹ファン」からは、「キンプリの冠番組はいらない。玄樹が帰ってきてからでお願いしたい」「冠番組の情報はうれしいけど、これ以上、岩橋くんのことを知らないキンプリファンが増えていくのは嫌」「冠番組は、ティアラ「キンプリファンの呼び名」としてはおめでたいけど、岩橋ファンとしては複雑」「冠番組やるなら、玄樹を待ってほしかった。心の底から喜べない」「冠番組のうわさ、全然ワクワクしない。6人じゃないと、玄樹がいないと意味ないよ」と、悲痛な声が上がっていました。

 この通り、「一部キンプリファン」は、「“5人のキンプリ”」がさまざまな活動を展開する間に、歯痒い思いをしている様子です。現時点で、「岩橋玄樹」の復帰について正式な発表はありませんが、いつかまた元気な姿を見せてほしいものですね。

「岩橋玄樹ファン」の気持ちとすれば一人だけ取り残された気持ちになってしまうようですね。





Pocket

タイトルとURLをコピーしました