横山裕★イジリに悪趣味と批判★関ジャム悪ノリにファン興ざめ

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「横山裕★イジリに悪趣味と批判★関ジャム悪ノリにファン興ざめ」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」がさまざまな「アーティスト」を迎えて「トーク」を繰り広げる「音楽バラエティ」「関ジャム 完全燃SHOW」「テレビ朝日系」です。「3月15日」の放送回では、「ボイストレーナー」の「安倉さやか」と「コーラス」の「今井マサキ」を「アーティストゲスト」に迎え、「プロも学ぶ!「“ボイトレの世界”」第二弾」が行われました。

昨年「12月1日」に「第1弾」の「ボイトレ講座」が行われると、収録直後に自ら「ぜひお願いします!」と志願し、「安倉さやか」の元に「ボイストレーニング」に通い始めたという「大倉忠義」です。今回は、その様子が「VTR」で紹介されていました。




「レッスン開始」にあたり、「大倉忠義」は「グループの曲的にも「高音が」出るほうが幅も広がる」と抱負を語ると同時に、「ライブが続くとのどが潰れたりとか」と悩みも打ち明け、「ボイトレ」によって自身の「ライブパフォーマンス」を上げたいという目標があるようでした。

そして、実際に「大倉忠義」が「トレーニング」を始めると、みるみるうちに成果が現れ始めます。気張って声を出してしまうという「クセ」が改善され、より良い「バランス」の発声へ近づくことに成功しました。さらに、高音の訓練にも取り掛かり、課題曲とされる「サム・スミス」の「Stay With Me」を練習する姿も公開されました。「大倉忠義」が「ボイトレ」を続けていることは「メンバー」も知っているようで、「丸山隆平」も「真面目にやってます!」と太鼓判を押します。

その後は、誰でもすぐに「マネ」できる裏技として「ストロートレーニング」を紹介しました。のどの調子が悪いときに細い「ストロー」をくわえ、鼻をつまんで地声と裏声を何回か行き来すると、発声がすごく楽にできるといいます。この「トレーニング」について「今井マサキ」は、「女性アイドル」を指導している際、上手にできず泣いて声を潰してしまう子もいますが、「ストロートレーニング」をやるとすぐに発声できるようになるのだと力説しました。




番組の最後には、「ボイトレ指導中」の「大倉忠義」に対し、「安倉さやか」が「そろそろ本格的な歌唱の練習に入っていく時期」だと説明します。これまでの練習で思った以上に高音も出せることがわかったため、「ハイノート「高音」も使っていける楽曲が増えたらいいな」と、「大倉忠義」への期待をのぞかせました。

すると、これを聞いた「村上信五」は「いやもう、あんまりお前が先走りすぎたら、横山「裕」さん泣いてまうぞ!」と「大倉忠義」に言い、続けて「お前、「横山が」泣いたらちゃんとストロー渡してあげてや」と畳み掛けるように「悪ノリ」します。さらに、この話に「安田章大」が「楽屋に常にストローを置いて。「なんでみんなストロー置いてんねんやろ?」って横山くんが気づき始めたら」と乗っかると、「レギュラー出演者」の「古田新太」も「横山裕には言わんとこうぜ!」と「イジリ、スタジオ」の笑いを誘っていました。

ですが、「横山裕」はこの日の収録に不在でした。さらに、「ボイトレ企画」の「第1弾」では、「メンバー」が発声の「タイプ」を診断してもらう中、「横山裕」だけが「イヤや!」と断固拒否しており、歌に対する「コンプレックス」の強さをうかがわせていました。そのため、この放送に「ネット」上では「全体として面白かったけど、最後のイジリとかいらなくない?横山さんが苦手意識を持つのって、周りの環境が関係ありそう」「最後の横山さんイジリ、いじめにしか見えなかった。すごく嫌な気分」「関ジャニ∞ってたまに、こういう悪趣味な笑いに走るよね。いい加減気づいてほしいわ」など、不快に感じた「ファン」もいたようです。

関西の「ノリ」でどうしても「イジ」らないと気が済まない人間性には気分が悪くなりますよね。





Pocket

タイトルとURLをコピーしました