三宅健★事務所と10年間の攻防★ファンとタレントの歴史的革命を語る

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「三宅健★事務所と10年間の攻防★ファンとタレントの歴史的革命を語る」の事をお伝えしたいと思います。

「V6・三宅健」が「パーソナリティ」を務める「三宅健のラヂオ」「bayfm」が「3月16日」深夜に放送され、「ジャニーズ公式携帯サイト」「Johnny’s web」について語る場面がありました。

「リスナー」から「「Johnny’s web」の動画解禁おめでとうございます!無理しないで、健くんの気分やタイミングでゆる〜くアップしてくださいね」という「メッセージ」が届くと、「三宅健」は「こういう優しい人いいですね。こういう謙虚な人、好きです!」とうれしそうな反応です。




「ジャニーズ事務所所属タレント」の日記や「エッセイ」、直筆の「イラスト」などが楽しめる「ジャニーズ公式有料携帯サイト」「Johnny’s web」内で、個人「ブログ」「にこにこ健°」を更新している「三宅健」です。「Johnny’s web」の有料会員になると、「全グループ・個人」が持つ「コンテンツ等」を閲覧できますが、「タレント」の顔写真については、個別の「ファンクラブ」に入会していないと閲覧できませんでした。ですが、「2月17日」からは「Johnny’s web」の有料会員になれば、顔写真を含めた「全コンテンツ」が閲覧でき、さらに動画も解禁しています。「三宅健」自身も「にこ健°」で、次々と動画を「アップ」しています。

「三宅健」は「「Johnny’s web」 昔のファンクラブの一番偉かった人の言い方でいうと、「ジャニーズウェッブ」なんですけど、ついに動画が解禁されまして」と、独特な「“ウェッブ”」の言い方を真似しつつ、「ジャニーズの歴史からしたらすごいことで、ジャニーズのタレントとファンの方々にとっては、革命的な出来事なわけですよ!」と力説しました。

「以前は、自身の影や手の写真を「ブログ」に「アップ」することも許されなかった」といい、事務所に対して「影ぐらいいいじゃん!ケチ!」と思ったこともあったそうです。「それから少しずつ影がOKになって、顔はダメだから首から下の写真を延々と載せててさ。一つひとつ段階を まさに牛歩で進みながら、やっとここまで。10年かけてきたっていう話なわけですよ」と、動画解禁までに「10年」の歴史があったと明かしました。




また「三宅健」は、中国最大の「SNS」「Weibo」に「アカウント」を開設した「木村拓哉」や、「インスタグラム」を活用している「嵐」や「山下智久」にも触れ、「世の中の人はみんな、すべてのジャニーズタレントがOKだと思ってる人もいると思うんですけど、全タレントがOKにはなってないんで」と、裏事情を告白しました。「一般の人からしたら、TwitterもインスタもYouTube、ネット配信のものって当たり前の時代だけど、ジャニーズってちょっと特殊だから。そこでいうと、急激に進歩してる感じなわけですよ」と強調し、今回の動画解禁に喜ぶ「ファン」を見て「よかった」としみじみしていたのでした。

この放送に「ファン」からは、「制約が多い中、いつも最大限に楽しませてくれてありがとう!」「動画解禁から間もないのに、毎日楽しませてくれる健くん。工夫を重ね、真心が伝わってくるのが何よりうれしい」「最近の動画解禁も、他グループのお写真が見れるようになったのも、長年のジャニーズファンとしては本当に革命だった。これからもワクワクさせてほしいな」など、動画解禁を喜ぶ「コメント」が多数寄せられていました。

「ジャニーズタレント」が思っている気持ちを事務所が理解するまでには長い年月がかかったようですね。





Pocket

タイトルとURLをコピーしました