堂本剛★堂本光一にイライラ★ブンブブーンでうっさいなと文句の訳

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「堂本剛★堂本光一にイライラ★ブンブブーンでうっさいなと文句の訳」の事をお伝えしたいと思います。

「KinKi Kids」の「バラエティー番組」「KinKi Kidsのブンブブーン」「フジテレビ系、3月21日放送」に、俳優の「中川大志」が「ゲスト出演」しました。

「ゲストのやりたいことをする」というのが「コンセプト」の同番組です。「中川大志」のやりたいことは、「よく飛ぶ紙飛行機を作りたい!」というものでした。小さい頃から紙飛行機を作って遊んでいたという「中川大志」は、大人になってからも仕事の合間に紙飛行機を折り、「撮影スタジオ」の廊下などで飛ばしているのだそうです。ですが、今回の「テーマ」に「KinKi Kids」は「なるほど」「堂本剛」「地味だ」「堂本光一」と、まったく気乗りしていない様子です。




というのも、「堂本光一」は「つい最近、初めて鶴を折れるようになった」そうで、これまで折り紙とは無縁だったそうです。去年亡くなった「ジャニー喜多川元社長」の回復を願い、病室で「ジャニーズタレント全員」が千羽鶴を作っていたらしく、「堂本光一」はこの時に折り方を習得したようです。「あれ、いい光景だったよ。たくさんのタレントが黙々と鶴を折って 愛のある部屋だったよ」と、当時を振り返る「堂本光一」でした。

今回は、「折り紙ヒコーキ協会」の「藤原宣明氏」を指南役とし、紙飛行機についてさまざまなことを学びつつ、「3人」それぞれが実際に折って飛ばしてみることになりました。最初に「藤原宜明氏」が「飛ぶ原理というのは、紙飛行機であろうと本当の飛行機であろうと一緒なんですよ」と説明したところ、「堂本光一」は「それを考えて折ったことないな」と反応し、少し興味が出てきたようです。

まずは「3人」が自己流で紙飛行機を折ってみると、丁寧に折り目をつけて几帳面さを見せる「中川大志」や、独特の「フォルム」で紙飛行機を完成させる「堂本剛」と、個性が出る仕上がりになります。一方の「堂本光一」は、「飛行機はまず、なぜ飛ぶのかを考えてみましょう。翼の上と下の空気の流れが剥離しないように」とうんちくを語るばかりで、まったく折り始めようとしません。そんな様子に「堂本剛」は、「あいつ、うっさいな!」「全然折らへんやんあいつ~!」と、若干「イライラ」します。




完成した「3人」の紙飛行機を飛ばしてみると、飛距離は「中川大志」が「8m10cm」、「堂本剛」が「80cm」となり、最後の「堂本光一」は一番遠くまで飛んだものの、測定を担当していた「スタッフ」が「ただいまの記録、40cmです」と発表しました。「堂本光一」は思わず「ウソだ!」と叫んで「スタッフ」まで駆け寄り、「堂本剛」と「中川大志」はその姿に大爆笑します。正確には「10m40cm」だったため、「堂本光一」は「ビックリするわ~!」と安堵していました。

その後、「藤原宜明氏」から習った「よく飛ぶ紙飛行機」の折り方を実践し、「3人」は自前の紙飛行機で対決をすることになりました。まずは「飛距離対決」を行い、「16m44cm」飛ばした「中川大志」が優勝しました。続く「滞空時間対決」では、「堂本剛」が「19.85秒」で優勝していました。番組冒頭ではまったく紙飛行機に興味がなかった「KinKi Kids」も、対決となると気合が入ったのか、最終的には紙飛行機に夢中でした。

放送を見ていた「ファン」からは、「ジャニーさんの回復を願って光一くんが初めて鶴を折ったっていうエピソードが泣ける」「紙飛行機を作るだけの企画なのに、こんなに楽しいことある!?」「キンキが若者とキャッキャしてるのがかわいい「笑」」といった「コメント」が寄せられていました。

苦手な企画になると「堂本光一」のうんちく話が出てしまうのはいつものことですよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました