相葉雅紀★中学時代のバスケ部は昭和の根性論と恨み節★まじで厳しいと回顧

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「相葉雅紀★中学時代のバスケ部は昭和の根性論と恨み節★まじで厳しいと回顧」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐・相葉雅紀」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス」「文化放送」が「3月20日」深夜に放送されました。中学時代の部活動を振り返る場面がありました。

この日、「リスナー」から「部活動の3年生を送る会がありました。会の最後には後輩から寄せ書きをもらいました。先輩として頑張ってよかったなと思ったし、よい後輩をもったなと思いました。相葉くんは部活では何かそういう思い出はありますか?」と質問が寄せられると、「相葉雅紀」は「部活ねぇ バスケだったんだけど、俺は中学校の1年間ぐらいしか、しっかり行ってないんですよ」と語りだしました。「中学2年生」の夏に「ジャニーズ事務所」に入所したため、部活にはあまり参加できなかったようです。




ただ、「相葉雅紀」が部活に参加していた「1年」の頃の練習は、ほとんどが「ボール」を壁に打ちつける「“壁打ち”」だったそうです。しかも「2年生がめちゃくちゃ厳しかったんだよなぁ」と、「バスケ自体」よりも、「厳しかった2年生の先輩」の思い出のほうが印象に残っている様子です。

「別に「サボって」ないよ。ただ、ちょっと話が盛り上がったぐらいよ、隣の人と。それでもすごい勢いで飛んでくるからボールが」と当時を振り返りつつ、「厳しい。まじでバスケットボールって痛いのよ、飛んでくると」と説明しました。

一方で、「3年生」は優しかったようで「3年生「のところに」ばっか「部員が」行っちゃうじゃん。優しいから。そうすると、また2年生が怒るみたいなさ。もう負の矛盾 負のループっつうかさ、そんな感じだったな」と、部活の思い出を語りました。




ですが「なるほど。じゃあ、その頃ね、相葉くんにボールをぶつけた人」と「スタッフ」が言いかけると、「いやいやいやいや、いいよ。いいの、いいの」「待って なんか恨んでるみたいなさ!」と焦る「相葉雅紀」でした。

そして「全然恨んでないよ。俺、大好きよ」と言い、「俺もだって、どっちかっていうと根性論だから。昭和の。そういうふうに育ってるから。いいんですよ、それはそれで。そういう教えも大好きですから」と「コメント」します。最終的には、「先輩ありがとうございます」と、今の自分があるのは先輩のおかげだとまとめていました。

この放送に、「ファン」からは「相葉くんの貴重な部活の話が知れて、うれしかった!」「相葉くんも、中1までは普通の男の子として部活やってたんだなぁ」「部活の厳しさ語る相葉くん。でもそういうの大好きよ。相葉くん体育会系だよね。根性とか努力とか熱いの好きだよね」「人には優しいけど、自分に厳しいよね」と声が寄せられました。

「体育会系」の経験者なら「相葉雅紀」の恨み節の気持ちも理解できるでしょうね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました