Premiumヒストリー★少年隊解散してないのに★ファンの怒り噴出

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「Premiumヒストリー★少年隊解散してないのに★ファンの怒り噴出」の事をお伝えしたいと思います。

「Sexy Zone・中島健人」と「King&Prince・平野紫耀」が「MC」を務める音楽特番「Premium Music 2020」「日本テレビ系」が、「3月25日」「午後7時~10時54分」にかけて放送されます。番組内では、「ジャニーズPremiumヒストリー」と題した特別企画も行われますが、その内容を巡って、「少年隊ファン」から怒りの声が続出しているといいます。

今回は、「4月期」の「連続ドラマ」「未満警察 ミッドナイトランナー」で「ダブル主演」する「2人」が音楽番組の司会に初挑戦します。「テーマ」は「国民にとって「“一生もの”」の曲」で、数々の秘蔵映像を交えつつ、「スタジオライブ」を繰り広げる番組とのことです。そんな中で、「ジャニーズ56年分」の超貴重映像を集めた「ジャニーズPremiumヒストリー」なる特集を実施します。「公式サイト」によると、「日本テレビに眠るジャニーズの貴重映像を引っ張りだし見応え抜群のPremiumヒストリーを描く」そうで、初代「ジャニーズ」をはじめ、今年「1月」に「ジャニーズ初」の「同時CDデビュー」を果たした「SixTONES、Snow Man」に至るまでを振り返っていくそうです。さらに、「KAT-TUN、Sexy Zone、King&Prince」は、それぞれの「デビュー曲」を生歌唱するといいます。




「公式サイト」には「ジャニーズPremiumヒストリー登場アーティスト」として、「ジャニーズ、フォーリーブス、近藤真彦、光GENJI、SMAP、TOKIO、V6、KinKi Kids、嵐、KAT-TUN、NEWS、関ジャニ∞、山下智久、Hey! Say! JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone、A.B.C-Z、ジャニーズWEST、King & Prince、SixTONES、Snow Man」と、「コーナー」で取り上げる「ジャニーズアーティスト」が記載されています。ですが、ここに「錦織一清、植草克秀、東山紀之」による「3人組ユニット・少年隊」の名前が入っていないと、「ファン」の間で疑問の声が続出しているのです。

「少年隊」は「1985年12月」に「仮面舞踏会」で「デビュー」しました。「2020年」は「デビュー35周年」の「アニバーサリーイヤー」とあって、「ファン」は「3人」の活動を心待ちにしているのです。そもそも、「少年隊」が最後に公の場に姿を見せたのは「10年以上」前のことです。「1986年」に始まり、彼らにとって「ライフワーク」だった「ミュージカル」「PLAYZONE」を「2008年」に卒業し、後輩に引き継いだ後は、「3人」での露出機会がなくなってしまったのです。「PLAYZONE」を勇退する際の取材では、「東山紀之」が「少年隊」について「死ぬまで続きます」と明言します。ですが、以降は目立った「グループ活動」がない状態で、「ファンクラブ」は続いているものの、会報は「1人」ずつの仕事を紹介する程度なのです。一方、「ステージ上」ではないですが、昨年「7月」に亡くなった「ジャニーズ事務所前社長・ジャニー喜多川氏」の「“家族葬”」の集合写真で、「3人」が横並びになっていたことに、「ファン」は歓喜しました。それほど、「少年隊3人」の姿に飢えているのです。

現存する「ジャニーズグループ」では最古参の「少年隊」ですが、幾多の「タレント」を発掘してきた「ジャニー喜多川氏」にとっても、思い入れの強い「グループ」だったそうです。昨年「9月4日」に放送された「TOKIOカケル」「フジテレビ系」で、「TOKIO・国分太一」が明かしたところによれば、ある時に「ジャニーさんが思う最強のグループってどのグループ?」と尋ねた際、「ジャニー喜多川氏」は「少年隊」と、即答したそうです。彼らを選んだ理由については「踊りが完璧。歌も歌えて、自分たちで演出もできていた」と、述べていたそうです。

その「少年隊」が今回の「ジャニーズPremiumヒストリー」の「リスト」から漏れているとあって、「ネット上」では「ジャニーさんが認めた少年隊がいないのは本当におかしい」「35周年なのに話題にすらしてもらえず、まだ解散してない少年隊の名前がないなんて」「少年隊は、まだ解散してない。生出演はともかく、映像もなし?3人ともジャニーズ事務所に所属してるのに」「少年隊がいなくて納得いかない。このまま「ジャニーズ56年の歴史」という「テーマ」で放送するのは恥ずかしくないの?」「少年隊なしにはジャニーズの歴史は語れない。映像でいいから、若かりし頃の彼らに会いたい」と、批判的な「コメント」が多く上がっています。




「少年隊」だけでなく、過去の主な「デビュー組」では「シブがき隊、男闘呼組、忍者、タッキー&翼」なども記載がないものの、これらの「グループ」はすでに退所している「メンバー」がほとんどです。解散もしておらず、「メンバー全員」が事務所に在籍している「少年隊」が省かれた点に対して、「ファン」が「ショック」を受けるのは当然でしょう。「番組公式Twitter」や、「日テレ公式@宣伝部」の「アカウント」に向けても、「少年隊」の映像使用に関する意見や要望が寄せられています。

特にここ数年、「少年隊ファンクラブ」の年会費「4,000円」を支払っている人々からは「何のためのファンクラブなのか」といった不満の声が出ていました。「事務所サイド」に否定的な感情を抱いている「ファン」も少なくないためか、「少年隊の存在がなかったかのように扱われるのが悔しい」「少年隊の扱いが不自然すぎて怒りを覚える。ジャニーズ事務所には不信感しかない」「日テレ側が少年隊を外すとは思えないから、事務所の意向かな。それともメンバーの望み?」「実際はどうかわからないけど、日テレが決めたというより、事務所からの指示だと捉えた」と、邪推する「コメント」も見受けられます。

また、「山下智久」と「KAT-TUN・亀梨和也」による「修二と彰」など、「ジャニーズタレント同士」で組んだ「ユニット」の紹介はないのかと気にする声も出ており、「ジャニーズPremiumヒストリー」は放送前の時点で波紋を呼んでいます。果たして「25日」の放送で、「少年隊」の映像は「オンエアー」されるのでしょうか。

「ジャニー喜多川前社長」の思いとかけ離れた「現ジャニーズ体制」の「少年隊」に対する扱い方には怒りを覚えますよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました