増田貴久★CDTV音楽祭の舞台ウラ告白★武田鉄矢の生歌唱にうれしかった

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「増田貴久★CDTV音楽祭の舞台ウラ告白★武田鉄矢の生歌唱にうれしかった」の事をお伝えしたいと思います。

「NEWS・小山慶一郎」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「KちゃんNEWS」「文化放送」です。「3月24日」深夜の放送回では、「増田貴久」が「ゲスト」に訪れ、「16日」に放送された「CDTVスペシャル!卒業ソング音楽祭2020」「TBS系」の裏話を語りました。

「卒業ソング」ということで、「NEWS」は「さくらガール」を披露しました。「アルバム」「STORY」から「テレビ初披露」となる楽曲「エス」も「フルバージョン」で歌唱しました。




この放送を受けて、「リスナー」から「印象に残ったことがあれば教えてください」という「メッセージ」が寄せられると、「小山慶一郎」は「すごく印象に残ってるのは「“金八先生”」」と回答します。同番組では、「ドラマ」「3年B組金八先生」「TBS系、1979~2011年で断続的に放送」で先生役を務めた「武田鉄矢」も登場しましたが、「小山慶一郎」はそれが記憶に強く残っているそうです。「NEWS」の「メンバー」では、「増田貴久」と「加藤シゲアキ」が「第6シリーズ」「2001~2002年放送」に出演しているため、「まっすーとシゲがそこにいるっていうのは なんか、しかもTBSでね。ちょっとエモかった」と感動したようです。

さらに、「ステージ」上から「武田鉄矢」が「“教え子”」として「加藤シゲアキ」と「増田貴久」に声をかける場面がありましたが、「小山慶一郎」から「感慨深かったでしょ?」と聞かれると、「増田貴久」は「そうよ。15歳のときだもん、俺。シゲ14歳」と懐古します。「武田鉄矢」が、卒業式の「定番ソング」であり「ドラマ」の主題歌でもあった「贈る言葉」を披露したことについて、「増田貴久」は「当時の金八先生の衣装だったんですよ。だからなんかうれしいよね。生で聞かせてもらうの」と、「“恩師”」の楽曲に感動したようでした。

ちなみに、「武田鉄矢」は「増田貴久」と「加藤シゲアキ」が楽屋にあいさつに来た際に「シゲの本読んだよ」と伝えてくれたらしく、今でも教え子たちの活躍を見守ってくれているようです。




一方で、「エス」を「テレビ」で初披露したことについては「「印象が」ガラっと変わることがやりたかった」と明かした「小山慶一郎」です。「テレビ」ではあまり歌ってこなかった「ジャンル」の楽曲とあって、「増田貴久」は「テレビっていうより、ライブの一部分を切り取るみたいな感じ「だった」」と振り返っていましたが、「この企画がなかったら、なかなか番組で1曲やるってとき、なかなか選ばれない」と「テレビ」で披露するのは「NEWS」にとっても新しい挑戦だったようです。

そんな中で「小山慶一郎」は「「エス」が今度映像化していけるんじゃないかと思いますんで、どうどうぞよろしくお願いします」と発言しました。これを受け、「ネット」上では「ちょっと待って映像化ってなに!? YouTubeとかでアップするのかな?」「映像化なんて、心が震える」「どういう意味~!パニック状態」との声が多く集まっていました。

「金八先生シリーズ」で教え子になった「ジャニーズアイドル」が活躍していることに「武田鉄矢」も嬉しいでしょうね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました