堂本剛★光一くんのためにも★KANZAI BOYA 制作秘話を告白

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「堂本剛★光一くんのためにも★KANZAI BOYA 制作秘話を告白」の事をお伝えしたいと思います。

「KinKi Kids」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「KinKi Kidsどんなもんヤ!」「文化放送」が「3月23日」深夜に放送され、この日は「堂本剛」が登場しました。「ニューシングル」「KANZAI BOYA」について言及しました。




「KANZAI BOYA」は、「KinKi Kids」が誕生する前に付けられていた「ユニット名」です。この幻の「ユニット名」を冠した「シングル」が「5月5日」に発売されると、「3月18日」に明らかになったのです。

「ネット」上で、「ファン」から喜びの声が次々と寄せられている中、「堂本剛」は番組終盤にこの楽曲について言及しました。「去年、ライブで僕が作詞作曲させてもらったんですけど」と説明しながら、「ジャニーさん亡き今ね、その名前が愛おしいな、なんて」と、昨年逝去した「ジャニー喜多川氏」を思って「タイトル」を付けたことを明かしました。曲ができた経緯については、昨年「ドームコンサート」を行うにあたり、昔の曲や先輩たちの曲を候補として挙げていた際、「「KANZAI BOYA」って名前、懐かしいなって」と、感慨深く感じた「タイミング」で制作を決めたといいます。

また、実はこの曲、当初は「コンサート」の「1コーナー」でのみ披露する予定だったものの、「堂本光一」から「これシングルにすればいいやん」と提案があったそうです。「堂本剛」は「冗談で言ってんのよな?」と思っていたそうですが、実は本気の言葉だったようです。「堂本剛」いわく、「光一の中でも、社長が亡くなって、消化しきれてないのよな」「それはね、隣で見ててすごいわかるんですよ」と、「堂本光一」はいまだに「ジャニー喜多川氏」に対する強い思いを持っており、それをひしひしと感じていたとのことです。「こういう作品をリリースすることで、あいつの中でも区切りじゃないけど、気持ち的に何かあるんだろうなって」「「光一くんのためにも」って言い方はおこがましいですけど、そういう気持ちもあって、じゃあリリースしましょうということで踏み切ったんですよね」と、相方への思いもあって、「リリース」を決めたと明かしました。




さらに、「リリース日」の「5月5日」は「僕と光一くんが初めて出会った日」と断言します。「本当に5月5日なのか、僕はちゃんと覚えてないんですけど」と笑いどころも作りつつ、「まあ、でもそうすると、僕がジャニーさんと初めて会った日でもあるんですよ。だから「リリース日にふさわしい」そういう日なのか、って」と、しみじみ語っていました。

この日の放送に「リスナー」からは、「剛くんが光一くんを思う言葉に泣く」「剛さんが光一さんのためにリリースしたいと思うように、光一さんは剛さんのためにリリースしたいと思ってるんじゃないだろうか」「2人が出会った運命の日にリリースするとかエモすぎ」「2人にお互いという存在がいてよかったな」という声が集まっていました。

「2人」にしか分からない深い絆を感じさせてくれる「堂本剛」の発言には「ファン」も感動しますよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました